液体(メディア)要素:<liquids>

この種類の要素はどれぐらい危険な液体か等のような様々な液体の特徴を指定します。 それぞれの個々の液体のタイプは<liquid>子供要素で指定されます:

index液体のタイプ(必修)
collshapesのコレクション
frameフレーム
transferテスクチャ・レンダリングのトランスファー・モード
damage_freq液体によってどれくらいの頻度でダメージを受けるかを指定します。これは、エンジンのtick数のビット積で、 もし結果が全て0になるとダメージが適用されます。従って、もしこの量の値が(2^n-1)ならば、ダメージは(2^n)tickごとに適用されます。
submergedこれは水中の容姿をするために使われるfader です;そのデフォルトインデックス値はそれらの液体です。

indexの値はこれらの液体タイプのどれかです。

0
1溶岩
2プフォール
3下水
4ジャイロ

一方、"submarged"の値はこれらの液体タイプのどれかです

0
1溶岩
2下水
3ジャイロ
4プフォール

この要素は子要素<damage>(どのくらいのダメージか;大きな詳細はここで)、<effect>、<sound>も持ちます。後の二つは2つの属性、typeとwhichを持ち、どちらも必須です。typeはいつeffect/soundを発するかを決めます。一方、whichはeffectかsoundの定義のリストでの番号です。(-1はなしを意味します)。

効果:

0小さい爆発
1中くらいの爆発
2大きい爆発
3大きい出現

音:

0足が入る
1足が出る
2頭が入る
3頭が出る
4スプラッシュ
5上での環境音
6下での環境音
7プラットフォームが入る
8プラットフォームが出る