#navi(Excalibur)
*;L05:When It Rains, It Pours
by Logue
*#TERMINAL 0
**#UNFINISHED
#LOGON 135
&color(#FFFFFF){<ステーション #1201>};
#PICT 10500
&color(#FFFFFF){マーリンからのメッセージ…};

&color(#00FF00){無駄にできる時間はありません。モルガナはクリスタルに接近しています。そしてそれはあなたの現在いる位置の北にあります。};

&color(#00FF00){ひとつの短波粒子エミッタをコントロールするもう1本の次元ポッドがクリスタルの岩にくぎ付けになっています。このエミッタはクリスタルをうずめる小さい落盤を作ります。};

&color(#00FF00){次元ポッドと同様、クリスタルの場所には行けないかもしれません。あなたの任務はクリスタルに行きエミッタスイッチを作動させることです。};
#PICT 10501

&color(#00FF00){これらの大洞窟は地球の地脈として知られている花こう岩質でできています。これは岩の動きの連鎖反応を引き起こすことができます。落ちてくる岩や、落盤はに十分注意してください。 私はこの地脈を刺激させる場所を計算して、その区域に信号灯をテレポートさせました。それぞれの信号灯のある場所を歩く事によってクリスタルのある場所に上るための道を作るのに十分な断層を引き起こさせることができます。信号灯は地脈を刺激する場所だけを示します。グロッグ達と行動を共にするとよいでしょう。};

&color(#00FF00){この地図は、この大洞窟の西側の部分で、この赤くハイライトしている場所に信号灯を設置してあります。};
#PICT 10502


&color(#00FF00){この地図は、この大洞窟の東側の部分で、同じく赤くハイライトしている場所に信号灯を設置しています。クリスタルとそこへ上るための道を作るためにこれら全ての4つの信号灯の場所を通ってください。};

&color(#00FF00){ここは、非常に危険です。注意深く探索してください。特にT-Rexはこれらの大洞窟に慣れています。スピードは遅いですが、その力は他のジュラ紀の獣とは比較にならないくらい強いです。};

$C5** 細心の注意を心がけてください**$C0


&color(#FFFFFF){マーリンより…};
#LOGOFF 132
#END
#ENDTERMINAL 0

*#TERMINAL 1
**#UNFINISHED
#LOGON 135
$C1<ステーション #1202>
#PICT 134
$C1
マーリンからのメッセージ…$C0

&color(#00FF00){クロノスの状況は現在沈静化しています。弾薬や、もっと多くの訓練のためにあなたを返送することのほうが安全であるかもしれません。しかし、私はさらにこれを調査する必要があります。私はまだ艦隊からの回答を受け取っていません。};

&color(#00FF00){あなたと同じくらい早く手際よくクリスタルに到着するはずです。モルガナは結晶の一般的な区域を見つけました、しかし私には彼女がもその正確な位置を見つけたどうか疑わしいです。};
#LOGOFF 132
#END
#ENDTERMINAL 1

*#TERMINAL 2
**#UNFINISHED
#LOGON 131
&color(#00FF00){MMMG空間内アクセス};
#INFORMATION
&color(#FFFFFF){USENETからの妨害メッセージ};
 
$C4送信元:$C0 merlin@emr.com
$C4組織:$C0 MMMG
$C4ニュースグループ:$C0 alt.games.morgana
$C4題目:$C0 Re:助けて!モルガナが派手に私の尻を後ろから指で突いてきます!
$C4日付:$C01998年4月1日(水曜)20:49:49 -0300

&color(#00FF00){記事<1234921301@wizz.camelot.com>, randy@camelot.com:};
$C4>マーリン、頼む。助けてくれ。もう、自暴自棄だ!!!
>モルガナは絶えず私の尻を後ろから指で突いて、空気を私のタイヤから出すんだ。
>ちょうど先日、彼女は私のベッドをショートシーツを敷きやがったんだ!私はどうしたらいいんだ?
$C0
&color(#00FF00){ランディ};

&color(#00FF00){肌着を脱いで××の××を突き出して、干し草で眠るんだ。それ以上の手助けのためにはsupport@emr.comに連絡してくれ。};

&color(#00FF00){これで助かると信じて!};

&color(#00FF00){マーリン};
#END
#ENDTERMINAL 2

*#TERMINAL 3
**#UNFINISHED
#LOGON 135
&color(#FFFFFF){<ステーション #1299>};
#INFORMATION
&color(#FFFFFF){マーリンからのメッセージ…};

&color(#00FF00){モルガナはすでにアクチニウム・クリスタルを入手したと思われます!  これらのクリスタルによって彼女がどれほどの力を手にしたか測りしれません。};

&color(#00FF00){しかしながら、彼女がもっと多くのクリスタルを入手させる事をどうにか妨げることができました。 センサーはこの時代から彼女が今回は去ったことをキャッチしました。 これらの大洞窟から彼女が取り戻した限定された供給で、彼女をくい止めることはまだ可能であるかもしれません。我々は最初に彼女を見つけなければなりません! もしあなたがすぐに彼女を見つけることができなかったのでは遅すぎたのかもしれません。};
#PICT 134
&color(#00FF00){クロノスから受け取られた報告は不明確です。 船をとのコミュニケーションは現在切り離されています。私が船が安全であることを確認することができるまで、クロノスへのあなたの帰りを延期しています。};

&color(#00FF00){その間、我々はグロッグとのコミュニケーションを試みています。私はほとんどの彼らの言葉をユニバーサル翻訳機で理解することができました。彼らはモルガナと連絡をとっていました、それでそれらは我々にとって必要な情報を持っているかもしれません。};
#INFORMATION
&color(#00FF00){私が翻訳機のアップグレードを完了するまで、あなたは休むべきです。私は今ポッドの寝室を作動させています。あなたの後ろのスイッチはそこへの部屋を開きます。常にあなたの心率をモニターして、そして安らかな睡眠に適切な保護と快適さを提供します。};

&color(#00FF00){会議室に入って、そして眠ってください。勝利の夢を。それを想像することができるとき、あなたにとってそれが現実のものになるでしょう。};
&color(#FFFFFF){** 寝室起動 **
#LOGOFF 132
#END
#ENDTERMINAL 3