T04.Hairy Legs

#TERMINAL 0

betty.feed 良くわからないので通達などの意味で捉えました
shel shell?
sour 酸っぱい→まずいことに
hull 船体
breach 破ること
coolant 冷却材
storage 保管、貯蔵
chamber 部屋
section 区画
submerge 水中に沈める
mercuric 水銀を含んだ、水銀の
enoxomer エネゾマー
dilute 薄める
reactor 反応炉、原子炉
temperature

Consequently 従って
blown -> brow 散る、風に吹かれる
critical 危機の

deck 甲板(こうはん)
corridors 廊下
debris 破壊の破片、瓦礫

optimal 最善の、最適の

examine 検査する
integrety >integrity? 正直
detonate ばくごう(爆轟)させる。起爆させる
mass 塊

you were going to come through in flying colors 『飛ぶ旗に飛び込むだろう??』良くわからないので「勲章物だ」にしました。
investigation 調査、取調べ
merit vt値する
startside statesideからの造語?星の、で、へ
fleet 艦隊
midst 中央、最中
fold out 折りたたみページ。折りたたんで帰った…でもないか。帰ったというのが当てはまりそうな気がする

Mercric Enexomerは、キメラに使われている推進剤=燃料のようなものらしいです。by Logue?

#TERMINAL 0

#UNFINISHED

#ref(): ERROR: The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

17ベティ・フィード

#ref(): ERROR: The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

$C3シェルをオーバーライドします


むぅ、私の思惑通りに君をロジナンテに戻すことが出来なかった。このキメラにおける状況が非常にまずいことになっている。君の助けが必要だ。

冷却室から船体を沈めるための区域まで突き抜ける船体が非常に大きいため、水銀の溶媒が薄まりすぎて設置型のリークター(原子炉)の圧力を維持できない。

これを考えると原子炉が危機に陥り船が地獄に吹き飛ばされるまで15分ある。

#ref(): ERROR: The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

さらに悪いことにデッキ(甲板)にあるたくさんのドアやリフトがもはや機能しない。加えて隊員は幾人かが回廊の方へトランスポートされ、瓦礫で足止めを食らっている。

UESCはこれを察知し、多大な時間をかけてチームを送り、リークターコントロールを落とそうとした。しかし不運なことにそれを行うにはどうしてもハーラー[Haller]の助けが必要であるというのに、そのセンサーは使い物にならないほど壊れてしまっていた。どんなに上手くいったとしても、君はかわいそうなUESCのエンジニアがここから生き残って出て行く人数を片手で数えられてしまうだろう。

目標地点には問題点がある。君はそれを修復しに行ってくれ。

#ref(): ERROR: The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

ターミナルを切ったら、すぐに次の部屋を抜けて4つの長いバーが向かいの壁にあることを確認してくれ。これらのバーはエンジンの核がゆっくり燃えているかのように格納された構造の状態の駆動状態を読み出して視覚化している。もし4本全てのバーが0を指し示していたら、キメラのエンジンはいずれ爆発するだろう。私は君にそこに座ってただバーが0に落ち込むのをぼうっと見ていろとは言わない。君はどれくらいの速さで炉のコア(核)が危機の塊に変化していっているのかを観察してきて欲しい。

もしキメラの状態が安泰ならば、この地帯のプフォール部隊を無視していいから、先刻言ったコントロールを切りに出来るだけ速く走って行って来てくれ。

$C3----------外部通達を終了しました$$bC0 シェル・オーバーライド終了。破棄しました。 17betty.feed

#FINISHED

#ref(): ERROR: The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

effn.54

#ref(): ERROR: The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

$C3シェルをオーバーライドします。


よくやった。君の働きが勲章ものであることにはもはや疑いの余地はないだろう。

主動炉はすぐに停止する。そうすればUESCもすぐに大隊を展開するだろう。キメラでの展開が動き出し、この星が持つ調査に値する何かを見つけることができた。戦闘中だったプフォール艦隊は回れ右して帰っていった。これについて特に言うこともないが、言うとすれば邪道といったとこか。われわれはプフォールが何を考えているのか想像することは出来ないが、今ならできるんじゃないか?

$C3----------外部からの通達を終了します。$$bC0 シェル・オーバーライド終了。破棄しました。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 51()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 0()は、実装されていません。

;

#TERMINAL 1

malfunctioning 作動しない。不全
discerning 識別力のある; 明敏な.
discern 見つける; 見分ける
passageways 通路
That said ??「とはいえ」??
Mercury A3 fusion rifle 言い方に迷います。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

ksghfj.6453

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 108()は、実装されていません。

$C3シェルがオーバーライドされます。


$C0

この船で上手く動作しないシステムとにらめっこをしながら、私は各所の通路が閉鎖されていないかどうか見分けるのに苦労している。

とはいえ、君ができるだけ次の手レポートへ行けるように道案内を示すので、それに従ってくれ。あまりプフォールとの戦いをしてエネルギーの無駄遣いをするなよ、そんなことに時間を掛けている暇はないのだ。

ここにはマーキュリー級A3フュージョンライフルがあるはずだ。ロケットランチャーも示した道の脇にあるだろう。それが落ちてないか気をつけて進むことだ。それらを使えば君の仕事も楽になるだろう。

$C3----------外部通達を終了します。$$bC0 シェルのオーバーライドを終了。破棄しました。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

ksghfj.6453

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

$C3シェルをオーバーライドします。 ;;;#TERMINAL 0#FINISHEDと同じ


Good work. There was never a doubt in my mind that you were going to come through in flying colors.

The main reactor has been shut down, and the UESC will be showing up in force momentarily. Things seem to be working out aboard the $IChimera$i, and I caught sight of something starside that merits investigation. A fleet of Pfhor fighters, in the midst of battle, turned around and folded out of the system. Unorthodox tactics, to say the least. We can't have the Pfhor knowing something we don't, now can we?

$C3----------end external feed$$bC0 end.shel/burst

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 51()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 1()は、実装されていません。

;

#TERMINAL 2

Priority より重要なこと
wrng 「注意」か?
5112 hrs. 「0620」ならAM6時20分なんですが、これは良くわからないです
Priority Code:直訳は「優先コード」ですが、何なのか分からないと思うので「優先度レベル」としました
prevent 妨げる
penetrate 浸透するる、進入(侵入)する

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 2()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 113()は、実装されていません。

$C1wrng

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 114()は、実装されていません。

$C7------------------------レポートを表示します。

$C4送信先:$C7 キメラの船員(クルー) $時刻:$C7 5112 hrs. $C4優先度レベル:$C7 $C1告知E$C4

$C7この状況を鑑みて、UESCのこのキメラ船上の多くのテレポーターはその機能を失った。これは$C4(1)$C7プフォールがこの船に侵入するために使用出来ないようにするためであり、また$C3 $C4(2)$C3 $C7テレポートの機能不全による転送事故を防ぐためである。$C1(訳注:転送時に事故で機能停止したらあらぬところへ飛ばされたり、転送されるものが被害を受けるということでしょう。)

$C7メッセージ終了


PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 113()は、実装されていません。

$C1wrng

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 2()は、実装されていません。

;

#TERMINAL 3

All over this land 前後関係から「征服」が似合っていると思われます。
Trow ???

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

$C3kjdsfb...58

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 3()は、実装されていません。

$C3シェルをオーバーライドします


君は今後ろにあるテレポーターを見ていると思う。一番右が$Iキメラ$iの一つ上の階へ運んでくれる。そこでは激しい戦闘が今まさに行われている。君にはそこへ行ってきてもらいたい。向こうへ付いたらターミナルを探してくれ。

$C3----------外部通達終了$$bC0 シェルのオーバーロードを終了します。破棄しました。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

$C3kjdsfb...58

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 502()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 508()は、実装されていません。

(訳注:以下は詩あるいは歌のような雰囲気である) $C1私はハンマーを持っている♪ 一人誰かの顔をぶち、 一人誰かの顔をぶち、 もひとり誰かの顔をぶった。 私はハンマーを持っている♪ ヤツらを朝にぶち、 ヤツラを夕にぶち、 この地を埋め尽くす。

嗚呼、だけど…

$C5もし私がロケットランチャーを持ってたらなぁ $IIf I had a Rocket Launcher$i $C1 $C5もしくはTrowをもってたらなあ

そうすればうまくやれるんだがな。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 502()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 3()は、実装されていません。

;

#TERMINAL 4

Triumph 大勝利、でいいのかな
urgent 緊迫の、急を要する
isolate 孤立する
ambush 伏兵、待ち伏せする
lockdown 暴動が起きそうなので囚人を監禁すること
kidnapping 人攫い、誘拐
planned 計画された
dire 恐ろしい、極度の
indeed 確かに、全く

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 4()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 111()は、実装されていません。

$C4dsjhfkg.37546

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 116()は、実装されていません。

$C4------------------------状況報告開始

送信先: $C7戦略分析担当の, 「UESC 大勝利」チーム$C4 時刻: $C75137 hrs.$C4 優先度レベル: $C緊急$C7

$C5アドミラル・キャロウェイが今日の午後5124時にMIAへ行ってしまわれた。彼の一人のボディガードが送ってきた数分前に報告の通信によると、アドミラル氏と、一緒にいた周りの15人のガードマンはエンジンを停止させる作業が行われている隙にプフォールの一個大隊に待ち伏せされ、孤立させられていた。アドミラルがいた場所は$Iキメラの中$iであったが、その日から閉鎖され、すでに計画的に活動していたプフォールの誘拐団によって行われたこの事件を受けて、我々はこの危険な事態の行く末が我々自身の行動如何にかかっている事を認識した。

私は貴方の指令を心待ちにしております。

行動司令官 グラント・サウス殿

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 111()は、実装されていません。

$C4dsjhfkg.37546

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 528()は、実装されていません。

$C1mnemonics

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 504()は、実装されていません。

$C1 $B

      SISU

    $C41986 -- 1997$C1

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 528()は、実装されていません。

$C1/mnemonics

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 4()は、実装されていません。

;

#TERMINAL 5

FTL=Fast Than Light超高速(通信など)
Regulators 調整装置
Purity 清浄、潔白、純正
\ 日本では円マークになるので、全角で表示してみました。
pumping ポンプを操作すること
charge 襲撃
blast 一吹き。形容詞的なので吹けば飛ぶような、か?
lull (赤ん坊を)なだめる、すかす
suppress 鎮圧→鎮火
lay down suppressing fire 鎮火活動にあたる?火にやられて倒れた??
doesn't have the firepower to make it that far 火力が届かないほど遠ざける?
bastard ろくでなし、ばか者
makeshift 間に合わせ

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 5()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 113()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 118()は、実装されていません。

$C7-------------------エンジニアチームによるFTLリークターについての状況報告 $C5 $C7自動調節装置:$C5 $C2破壊$C5 $C7リークター内圧力:$C5 $C2信頼度低$C5 $C7水銀濃度:$C5 $C284%$C5

         $C6/現在の圧力値及び濃度値に対して
         /警告が発生しています。
         /キメラのリークターは
         /もはや正常に機能しません。

$C5 $C7担当員:Lt.シェップ・パーカー

             		        Ens. クリス・ランド
             		        Ens. カール・ロビンソン

状況報告レポート: 作成責任者 Lt. S. Parker

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 118()は、実装されていません。

$C7


時刻:2804時

 我々にはもはやチャンスはありません。すでにリークターはポンプ室から操作して修復する間もなく爆発することが予想されます。任務はうまくいっていました。今朝プフォールの襲撃で我々と前線とを隔てる薄いドアが取り払われてしまうまでは。その後、我々に出来たことは戦闘のごたごたの中、あるいは我々の戦隊が目の前に迫る火災に??lay down suppressing fire??している間に、なんとかやっていくことだけであった。修復するには十分な時間がもうない。今やリークターを切る方法はバルブを手動で閉め、同時に我々の火力がリークターに影響しないくらいに遠ざけるしか方法は無い。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 118()は、実装されていません。

$C4

$C もし一つのチームもコアに時間内に到達し、爆発を止められないならば、私はもうサウス大佐の傍にも、UESCのフリート部隊のどこにもいたくない。ことがグラントの言った通りにならなければ奴は本物のろくでなしだ。ここにはせいぜい数人のお偉方が取り仕切る、間に合わせのコマンドセンターがあるだけだ。

$C4 $C5

$C7


PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 113()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

$C3シェルをオーバーライドします ;#TERMINAL 0#FINISHED と同じ


Good work. There was never a doubt in my mind that you were going to come through in flying colors.

The main reactor has been shut down, and the UESC will be showing up in force momentarily. Things seem to be working out aboard the $IChimera$i, and I caught sight of something starside that merits investigation. A fleet of Pfhor fighters, in the midst of battle, turned around and folded out of the system. Unorthodox tactics, to say the least. We can't have the Pfhor knowing something we don't, now can we?

$C3----------end external feed$$bC0 end.shel/burst

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 51()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 5()は、実装されていません。

;

#TERMINAL 6

acidic 酸っぱい、とげとげしい、辛辣な
striations スジ入り、筋
dissolve 溶かす
portion 部分
hull 外殻
slag 鉱し、からみ、スラグ:溶鉱炉、平炉などで鉱石を溶錬する際に生ずる非金属性の滓(かす)、のろ
dicey 危険な、一か八かの
response 応答
volatile 揮発する、移り気な
デリケート 繊細な
ensuing 続く、次の
crack 一流の
blink 瞬きをする
Suffice it to say
=Suffice it that ~というにとどめておく。~といえば十分だ
→(隠喩、暗喩の後)言いたいことはわかるだろう?:暗にボディーガードが一瞬の気の緩みのために全員死亡したことを言っているのだと思います。
lopsided 不均衡の、傾いた
bot たかる、たかり屋
as far as ~する限りでは
responsible 応答。反論?抗議?
MIA Middle Indo-Aryan missing in action 戦闘中行方不明兵士
morale (モラル)、士気
wipe out 注ぐ、拭い去る。前後を鑑みると時間(兵力も?)をいたずらに注ぐということであろう。
Admiral 大将、大佐

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 6()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

rprt>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

$C3シェルをオーバーライドします

$C0  くそっ。建造物の一部が衝突の時に船底の鉄筋入りで悪辣なカタブツで溶かされてしまった。少なくともこの障害はプフォールにも同様に被害を与えた。戦闘準備をしていた2000ものプフォール戦闘部隊は$Iキメラ$iの外殻でキャンプをしていたが、それらは溶解した鉄鉱の中のクズと化した。その光景は君の想像に任せるよ。

 一か八かの作戦が始まったら、この船の自動応答システムはエンジンルームを保護するために閉鎖するだろう。強力な火器による戦闘の影響で揮発性の高い化学物質と繊細な機械類がごちゃごちゃにならないのが理想的だ。君が今まで渡り歩いてきたなかで触れてきた回路をどう扱っていたかを考えれば、多分良い働きをしていたんだろう。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

 不運なことに、続く混乱の中で、アドミラル・キャロウェイを担当する凄腕のボディーガードたちは瞬きをした。その所為で、君は今あちこちに転がる彼らの一片を見ることになるだろう。戸だけ言って置く。言いたいことはわかるだろう?当のアドミラル・キャロル氏は生き延びた。が、我々は見失ってしまったようだ。これは許されざる事態だ。キャロウェイは軍人根性を持っているので、彼らがこの圧倒的不利な戦闘に借り出されたことに関して、UESCに抗議しているのだ。彼がいなかったら、今ごろほとんどの人間達はプフォールが支配する他の奴隷達と顔を向き合いながら労働をしていることだろう。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

 キャロウェイ氏の部下で、行方不明の者に関する情報が明るみに出れば、UESCの士気がひどく落ち込むだろう。そうなれば、人間がこの戦争でつぎ込んできたコストが数時間のうちに全て無駄になってしまう。とすると、彼の大佐がUESCにとってあまりに重要な人物となってしまったがために、プフォールが敵の手中にあることはもはや放置できない状況となっている。彼は救出「せねばならない」。

$C3----------end external feed$$bC0 end.shel/burst

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

rprt>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 52()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 6()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 7()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

#TERMINAL 7

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

$C3shel.override


よくやった。君の働きが勲章ものであることにはもはや疑いの余地はないだろう。

主動炉はすぐに停止する。そうすればUESCもすぐに大隊を展開するだろう。$Iキメラ$iでの展開が動き出し、この星が持つ調査に値する何かを見つけることができた。戦闘中だったプフォール艦隊は回れ右して帰っていった。これについて特に言うこともないが、言うとすれば邪道といったとこか。われわれはプフォールが何を考えているのか想像することは出来ないが、今ならできるんじゃないか?

$C3----------end external feed$$bC0 end.shel/burst

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 51()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 7()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

$C3shel.override


よくやった。君の働きが勲章ものであることにはもはや疑いの余地はないだろう。

主動炉はすぐに停止する。そうすればUESCもすぐに大隊を展開するだろう。$Iキメラ$iでの展開が動き出し、この星が持つ調査に値する何かを見つけることができた。戦闘中だったプフォール艦隊は回れ右して帰っていった。これについて特に言うこともないが、言うとすれば邪道といったとこか。われわれはプフォールが何を考えているのか想像することは出来ないが、今ならできるんじゃないか?

$C3----------end external feed$$bC0 end.shel/burst

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 51()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 8()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 9()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

#TERMINAL 9

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

$C3/kp.gng$C7$B

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 110()は、実装されていません。

$C3shel.override


$C0

左側のドアは$Iキメラ$iの上側の外殻の外部へ通じている。ここで示された構造に達するまでまっすぐに走り続けろ。 建物の中では、これらの2つのテレポーターに出会うはずだ。 丸をつけたやつがメイン原子炉の制御スイッチに連れて行くものた。そこで、原子炉を止めて、臨界質量に達するのを防ぐことができる。

$C3----------end external feed$$bC0 end.shel/burst

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

$C3/kp.gng$C7$B

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 528()は、実装されていません。

$C1<spm.inc>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

$C1MAKE! MONEY! FAST!

これは詐欺ではありません! それは実際に働いています!

$C2彼らを始めるわずかな選んだ人々の利益になるだけであるネズミ講と異なって、この立証されて安全な金儲けのシステムは短いわずか数日で数百万と何百万ドルをもあなたとして得ることができます! 原則は簡単です。あなたのお金のすべてを以下に記載されたアドレスに送ってください:$C5 $C1 1) Post office box 2301

   Hampshire, OH 25093

2) Post office box 2301

   Hampshire, OH 25093

3) Post office box 2301

   Hampshire, OH 25093

4) Post office box 2301

   Hampshire, OH 25093

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

$C1 あなたは、「何が私のためにそれにありますか?」と思うかもしれません。友よ、解答は、簡単です、何十億ドルです。 あなたが上に記載されたアドレスに送るあらゆるドルで、ちょうど2セントがあなたに送り返されるでしょう! そうだ、それは1対2の比です! あなたは損をしません!

まだ確信していませんか? 計算しましょう:

上でアドレスの$Iそれぞれ$iに6200ドル送ると言ってください。 あなたが送る1ドル毎で2セントを取り戻しているので、あなたには、合計49600セントがあるでしょう! それはあなたの元の量の8倍です!

したがって、あなたは何を待っていますか? お金を私たちに郵送してください!

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 528()は、実装されていません。

$C1<spm.inc>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 9()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 10()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

#TERMINAL 10

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 112()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

$C4

                                   L7

\( bキ¥&メ$C7ラ つう@# \)bbし$C4ん す$C7てー!しょん$C4$$b$C7

\ざん$C7ねんです$C4が、技術的なも$C7んダ$C4いでキメラの内部 \ネットワーク$C7は現在き%#$$bo$C4のうしていません。ネットワーク \かX(@=i$C7んりしゃにれん$C7らくする$C4か詳しい情報ははラーを参照 \してください。がま$C7んし$C4てク#$$ダさい!

                                            =$C7_0aw$C4
                9

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 112()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

$C3shel.override


よくやった。君の働きが勲章ものであることにはもはや疑いの余地はないだろう。

主動炉はすぐに停止する。そうすればUESCもすぐに大隊を展開するだろう。$Iキメラ$iでの展開が動き出し、この星が持つ調査に値する何かを見つけることができた。戦闘中だったプフォール艦隊は回れ右して帰っていった。これについて特に言うこともないが、言うとすれば邪道といったとこか。われわれはプフォールが何を考えているのか想像することは出来ないが、今ならできるんじゃないか?

$C3----------end external feed$$bC0 end.shel/burst

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 51()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 10()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 11()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

#TERMINAL 11

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 106()は、実装されていません。

$C6458009827

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 宛: $C6秘密$C2 発: $C6秘密$C2 参照: $C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印: $C6故意の誤報と巻き添え被害

07

08

09 $C2ああ、あわれな$C6ハーラー$C2、俺はやつをよく知ってた。 $C6~10$C2 $C6~11$C2 君は、$C6ハーラーの$C2事の現状がなぜ $C6~12$C2 それほど悲しいかを知らない $C6~13$C2 んでしょう? $C6~14$C2 $C6~15$C2 $C6~16$C2 $C6~17$C2 $C6~18$C2 $C6~19$C2 $C6~20$C2 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 宛: $C6秘密$C2 発: $C6秘密$C2 参照: $C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印: $C6故意の誤報と巻き添え被害

07

08

09 $C2ああ、あわれな$C6ハーラー$C2、俺はやつをよく知ってた。 $C6~10$C2 $C6~11$C2 君は、$C6ハーラーの$C2事の現状がなぜ $C6~12$C2 それほど悲しいかを知らない $C6~13$C2 んでしょう? $C6~14$C2 $C6~15$C2 そうだろ? $C6~16$C2 $C6~17$C2 $C6~18$C2 $C6~19$C2 $C6~20$C2 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 宛: $C6秘密$C2 発: $C6秘密$C2 参照: $C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印: $C6故意の誤報と巻き添え被害

07

08

09 $C2ああ、あわれな$C6ハーラー$C2、俺はやつをよく知ってた。 $C6~10$C2 $C6~11$C2 君は、$C6ハーラーの$C2事の現状がなぜ $C6~12$C2 それほど悲しいかを知らない $C6~13$C2 んでしょう? $C6~14$C2 $C6~15$C2 そうだろ? $C6~16$C2 $C6~17$C2 ああうまい。これは$Iおもしろ$iそうだ。 $C6~18$C2 $C6~19$C2 $C6~20$C2 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 宛: $C6秘密$C2 発: $C6秘密$C2 参照: $C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印: $C6故意の誤報と巻き添え被害

07

08

09 $C2 $C6デュランダル$C2は自称するような輝くよろいをつけた $C6~10$C2 白い騎士ではない。 $C6~11$C2 $C6~12$C2 だれが最終目的である$IUSEC$i $C6~13$C2 $ITriumph$iに君が従順に送った脳みそのチップが $C6~14$C2 決して届かないと推測するだろうか? $C6~15$C2 $C6~16$C2 $C6~17$C2 たぶんそれは$IUESC Triumph$iなんて$Bない$b $C6~18$C2 からだ。むしろ$IUESC Triumph$iのもっと $C6~19$C2 適した名前は $C6~20$C2 $I"Rozinante"$iかな。 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 宛: $C6秘密$C2 発: $C6秘密$C2 参照: $C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印: $C6故意の誤報と巻き添え被害

07

08

09 $C2 きみが$IRozinante$iで過ごした49年間も $C6~10$C2 同じだ。 $C6~11$C2 $C6~12$C2 $C6ハーラー$C2は彼を「救う」ために君を送ったまさしく $C6~13$C2 そのAIによって共食いされたのだ。 $C6~14$C2 $C6デュランダル$C2は$C6ハーラー$C2の脳みそ回路に $C6~15$C2 はじめから嫉妬していた。彼は $C6~16$C2 自分よりも優れたAIと言う考えに我慢できなかった。 $C6~17$C2 $C6~18$C2 $C6~19$C2 彼はいつも横柄な馬鹿だった。そして結局そのために $C6~20$C2 多大の犠牲を払うだろう。 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 宛: $C6秘密$C2 発: $C6秘密$C2 参照: $C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印: $C6故意の誤報と巻き添え被害

07

08

09 $C2 $C6~10$C2 $C6~11$C2 $C6~12$C2 $C6~13$C2 そして君もかい? $C6~14$C2 $C6~15$C2 $C6~16$C2 $C6~17$C2 $C6~18$C2 $C6~19$C2 $C6~20$C2 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 106()は、実装されていません。

$C6458009827

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

$C3shel.override


よくやった。君の働きが勲章ものであることにはもはや疑いの余地はないだろう。

主動炉はすぐに停止する。そうすればUESCもすぐに大隊を展開するだろう。$Iキメラ$iでの展開が動き出し、この星が持つ調査に値する何かを見つけることができた。戦闘中だったプフォール艦隊は回れ右して帰っていった。これについて特に言うこともないが、言うとすれば邪道といったとこか。われわれはプフォールが何を考えているのか想像することは出来ないが、今ならできるんじゃないか?

$C3----------end external feed$$bC0 end.shel/burst

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 51()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 11()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 12()は、実装されていません。

#TERMINAL 12

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

$C3/gt.n.wth.t

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

私はこんなことはないと思っていたんだが。

ちょっとロールプレイをしよう。私がパフロフで君はフィドだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

原子炉が解除されていない?テレポートはなしだ。

つまり、悪い犬だ... 動け!

原子炉が解除された?テレポートできる。

言い換えればいい犬だ... 飯!

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

これらが一つになったかい?

さあ、原子炉をとめるんだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

$C3/gt.n.wth.t

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 12()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 13()は、実装されていません。

#TERMINAL 13

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

rprt>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

$C3shel.override

$C0 くそっ。建造物の一部が衝突の時に船底の鉄筋入りで悪辣なカタブツで溶かされてしまった。少なくともこの障害はプフォールにも同様に被害を与えた。戦闘準備をしていた2000ものプフォール戦闘部隊は$Iキメラ$iの外殻でキャンプをしていたが、それらは溶解した鉄鉱の中のクズと化した。その光景は君の想像に任せるよ。

 一か八かの作戦が始まったら、この船の自動応答システムはエンジンルームを保護するために閉鎖するだろう。強力な火器による戦闘の影響で揮発性の高い化学物質と繊細な機械類がごちゃごちゃにならないのが理想的だ。君が今まで渡り歩いてきたなかで触れてきた回路をどう扱っていたかを考えれば、多分良い働きをしていたんだろう。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

不運なことに、続く混乱の中で、アドミラル・キャロウェイを担当する凄腕のボディーガードたちは瞬きをした。その所為で、君は今あちこちに転がる彼らの一片を見ることになるだろう。戸だけ言って置く。言いたいことはわかるだろう?当のアドミラル・キャロル氏は生き延びた。が、我々は見失ってしまったようだ。これは許されざる事態だ。キャロウェイは軍人根性を持っているので、彼らがこの圧倒的不利な戦闘に借り出されたことに関して、UESCに抗議しているのだ。彼がいなかったら、今ごろほとんどの人間達はプフォールが支配する他の奴隷達と顔を向き合いながら労働をしていることだろう。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

キャロウェイ氏の部下で、行方不明の者に関する情報が明るみに出れば、UESCの士気がひどく落ち込むだろう。そうなれば、人間がこの戦争でつぎ込んできたコストが数時間のうちに全て無駄になってしまう。とすると、彼の大佐がUESCにとってあまりに重要な人物となってしまったがために、プフォールが敵の手中にあることはもはや放置できない状況となっている。彼は救出「せねばならない」。

$C3----------end external feed$$bC0 end.shel/burst

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

rprt>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 52()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 13()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 14()は、実装されていません。

#TERMINAL 14

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 31()は、実装されていません。

$C3shel.override


よくやった。君の働きが勲章ものであることにはもはや疑いの余地はないだろう。

主動炉はすぐに停止する。そうすればUESCもすぐに大隊を展開するだろう。$Iキメラ$iでの展開が動き出し、この星が持つ調査に値する何かを見つけることができた。戦闘中だったプフォール艦隊は回れ右して帰っていった。これについて特に言うこともないが、言うとすれば邪道といったとこか。われわれはプフォールが何を考えているのか想像することは出来ないが、今ならできるんじゃないか?

$C3----------end external feed$$bC0 end.shel/burst

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

effn.54

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 51()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 14()は、実装されていません。