Rubicon/30


Total: 3453 / Today: 1 / Yesterday: 0

ここは、ミョルミール・サイボーグを死体から作ったときのエピソードについてを書いてあるのかな?

;

@LOGON 200
@PICT 209

$C5

爆撃によって自分の同僚が4人やられた時に旋回するホイールキャップ工場では、私のような者が搬入されて行きました。

聞こえたのは最高額を払ったと言うこと。

その誰かは私のように狂気じみていました。

ケイトに会いたい。

@PICT 209

$C5

ケイトは常に私よりある意味で賢かった。私よりも機転が利いた。私たち2人の手前に本をぽんと置いて、彼女がそうである前に、私は一日を学習し終えているでしょう。しかしながら、彼女はもっと思慮深かった。私は仕事に戻り、彼女と歩きながら「科学は孤独だということを教えてくれるべきだわ」と言われた。そこで、私はもぐもぐと質問した。別に彼女の答えはそのとき自分にとって重要な事でもない。だが、今は私にとって重要な事である。「そうする以外は、正当化する事もできないし、回避することもできない。それは、心の中で孤独に停滞している。理性とも信頼とも神とものように。」3日間ずっと走り続けて、以前君がなぜもっと緊密に聞くこともなかったのかと思うより多くの時間ができた。

@PICT 206

$C5

食事中の合間にする簡単な議論の中で、私はコードやニューロンについてもごもごと喋っていた。ケイトはヒトと機械の本質について喋った。私は彼女が狂っていると思ったし、彼女は私のことをバカだと思っていた。私たちの関係はとても遠いものになってしまった。「技術は記憶の退化をもたらしたのよ」と彼女は言った。私が「R-71の動作はひどいものだ」と言うと、「あなたってばかね」といわれた。「僕はバレロン(?)を集約したんだぞ」と僕は反論した。

@LOGOFF 200
@END
@ENDTERMINAL 0

Last Modified: 2005-04-20 01:11:42