Wading in Vitroil 辛辣の中を歩く

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 0()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

brk ovrrd

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 4()は、実装されていません。

私は制御を得て以来ずっと、プフォール・ネットワーク上で文書の何百万ものページを厳密に調べていた。そして、プフォール高等会議の物理的様子のあらゆる参照も捜した。君にとっては残念なことだが、プフォールが高等会議がどんなものかの記録を残したようには見えない。通常通り、君は総力をあげて入らなければならならず、最善の結となるように希望を抱くだろう。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 301()は、実装されていません。

;During my extensive search of the Pfhor database, I was able to identify the origin of the S'pht'Kr-like alien cyborgs you've been encountering. Apparently the S'pht rebellion aboard the Marathon made the Pfhor very hesitant to use the S'pht for slave labor on Pfhor prime, so Pfhor scientists developed a genetic hybrid between the S'pht and the pfhor. These creatures are partially mechanical, but mostly organic. プフォール・データベースの私の広範囲な検索の間、私は君が遭遇していたスフトカーのようなエイリアンのサイボーグの起源を確認することができた。明らかに、マラソンでのスフトの反乱はプフォールプフォール全盛期に奴隷労働のためにスフトを使うために非常にためらうようにした。そこでプフォール科学者はスフトプフォールの間で遺伝子のハイブリッドを開発した。これらの生きものは、部分的に機械的であるが、大部分は有機的である。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

brk ovrrd

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

brink_excursion

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

リーラは、君を誇りに思うだろう。

彼女は、常に君という鎧きららか騎士を持っていた。ほぼ独力で、$Iマラソン$iの入植者達を守り、プフォール奴隷としての過酷な生活からも救っていたが、そのほとんどは奇跡ではない。彼女は、彼女自身を維持することで君たち全員を守ったのだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

それ以来私は彼女を責めることはできない。我々はそれ以来、非常に多くのことを成し遂げた・・・。もしも、君が彼女の家に滞在するとしたら、マラソンの暗い玄関で君への私の荒々しい詩によるメッセージを読み逃すだろう。それとも、11番目のスフト氏族による我々の蘇生と、バトルグループ7をダメにするのかな?

私は君を忙しくさせ続けていたが、リーラだったら、外界植民地の警備勤務に君を戻すだろうな。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

我々が話すように、UESC侵入軍は中央プフォール前線中心都市に着陸している。私は、彼らが惑星側がよく制御された状況であることを見つけて心地よく驚くと思う。

疲れた者のための休息はない。しかし・・・私と君は、その倒れゆく帝国から遠くに行くことが必要だ。古代のスフト神話は私たちに、別の現実と接触する大きな裂け目の存在を長らく予言している。私は、我々の探索がどこで始まるかもう既に知っている。

すぐに会いに行こう、旧友よ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

acropolis_piltdown

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 36()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 0()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 1()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 20()は、実装されていません。

$C6sdソgren$C0

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 23()は、実装されていません。

$C2保護命令 発:$C6プフォール上級指令$C2 宛:$C6全戦闘可能部隊 $C2参照:$C6きわめて危険$C2 認証印:$I命令指令$i

認証印:$I緊急処置$iにおいて議論されるように、隷属ランクおよびそれ以下の全ての部隊は$I無秩序計画$iに従って集まることになっている。不良隷属兵員はプフォール高い要塞に深く前進し続けているため、どんな犠牲を払っても止められなければならない。

$C6この命令の違反は、最大の社会的身体的な罰の結果になる。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 20()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

brink_excursion

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

リーラは、君を誇りに思うだろう。

彼女は、常に君という鎧きららか騎士を持っていた。ほぼ独力で、$Iマラソン$iの入植者達を守り、プフォール奴隷としての過酷な生活からも救っていたが、そのほとんどは奇跡ではない。彼女は、彼女自身を維持することで君たち全員を守ったのだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

それ以来私は彼女を責めることはできない。我々はそれ以来、非常に多くのことを成し遂げた・・・。もしも、君が彼女の家に滞在するとしたら、マラソンの暗い玄関で君への私の荒々しい詩によるメッセージを読み逃すだろう。それとも、11番目のスフト氏族による我々の蘇生と、バトルグループ7をダメにするのかな?

私は君を忙しくさせ続けていたが、リーラだったら、外界植民地の警備勤務に君を戻すだろうな。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

我々が話すように、UESC侵入軍は中央プフォール前線中心都市に着陸している。私は、彼らが惑星側がよく制御された状況であることを見つけて心地よく驚くと思う。

疲れた者のための休息はない。しかし・・・私と君は、その倒れゆく帝国から遠くに行くことが必要だ。古代のスフト神話は私たちに、別の現実と接触する大きな裂け目の存在を長らく予言している。私は、我々の探索がどこで始まるかもう既に知っている。

すぐに会いに行こう、旧友よ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

acropolis_piltdown

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 36()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 1()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 2()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 20()は、実装されていません。

$C6785uhs

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 23()は、実装されていません。

$C2保護命令 発:$C6プフォール上級指令$C2 宛:$C6全戦闘可能部隊 $C2参照:$C6きわめて危険$C2 認証印:$I命令指令$i

認証印:$I緊急処置$iにおいて議論されるように、隷属ランクおよびそれ以下の全ての部隊は$I無秩序計画$iに従って集まることになっている。不良隷属兵員はプフォール高い要塞に深く前進し続けているため、どんな犠牲を払っても止められなければならない。

$C6この命令の違反は、最大の社会的身体的な罰の結果になる。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 20()は、実装されていません。

$C6785uhs

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

brink_excursion

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

リーラは、君を誇りに思うだろう。

彼女は、常に君という鎧きららか騎士を持っていた。ほぼ独力で、$Iマラソン$iの入植者達を守り、プフォール奴隷としての過酷な生活からも救っていたが、そのほとんどは奇跡ではない。彼女は、彼女自身を維持することで君たち全員を守ったのだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

それ以来私は彼女を責めることはできない。我々はそれ以来、非常に多くのことを成し遂げた・・・。もしも、君が彼女の家に滞在するとしたら、マラソンの暗い玄関で君への私の荒々しい詩によるメッセージを読み逃すだろう。それとも、11番目のスフト氏族による我々の蘇生と、バトルグループ7をダメにするのかな?

私は君を忙しくさせ続けていたが、リーラだったら、外界植民地の警備勤務に君を戻すだろうな。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

我々が話すように、UESC侵入軍は中央プフォール前線中心都市に着陸している。私は、彼らが惑星側がよく制御された状況であることを見つけて心地よく驚くと思う。

疲れた者のための休息はない。しかし・・・私と君は、その倒れゆく帝国から遠くに行くことが必要だ。古代のスフト神話は私たちに、別の現実と接触する大きな裂け目の存在を長らく予言している。私は、我々の探索がどこで始まるかもう既に知っている。

すぐに会いに行こう、旧友よ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

acropolis_piltdown

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 36()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 2()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 3()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

wrnng#422

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 1()は、実装されていません。

$C2

$C0ドアがどうしても開かないって?ぶち壊すことはできないのか?

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TAG 1()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 1()は、実装されていません。

ほら。開けてやったぞ。さあ$I行くんだ$i

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

wrnng#422

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

brink_excursion

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

リーラは、君を誇りに思うだろう。

彼女は、常に君という鎧きららか騎士を持っていた。ほぼ独力で、$Iマラソン$iの入植者達を守り、プフォール奴隷としての過酷な生活からも救っていたが、そのほとんどは奇跡ではない。彼女は、彼女自身を維持することで君たち全員を守ったのだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

それ以来私は彼女を責めることはできない。我々はそれ以来、非常に多くのことを成し遂げた・・・。もしも、君が彼女の家に滞在するとしたら、マラソンの暗い玄関で君への私の荒々しい詩によるメッセージを読み逃すだろう。それとも、11番目のスフト氏族による我々の蘇生と、バトルグループ7をダメにするのかな?

私は君を忙しくさせ続けていたが、リーラだったら、外界植民地の警備勤務に君を戻すだろうな。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

我々が話すように、UESC侵入軍は中央プフォール前線中心都市に着陸している。私は、彼らが惑星側がよく制御された状況であることを見つけて心地よく驚くと思う。

疲れた者のための休息はない。しかし・・・私と君は、その倒れゆく帝国から遠くに行くことが必要だ。古代のスフト神話は私たちに、別の現実と接触する大きな裂け目の存在を長らく予言している。私は、我々の探索がどこで始まるかもう既に知っている。

すぐに会いに行こう、旧友よ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

acropolis_piltdown

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 36()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 3()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 4()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 20()は、実装されていません。

$C2alert#4337

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 23()は、実装されていません。

$C2保護命令 発:$C6プフォール上級指令$C2 宛:$C6全戦闘可能部隊 $C2参照:$C6きわめて危険$C2 認証印:$I命令指令$i

認証印:$I緊急処置$iにおいて議論されるように、隷属ランクおよびそれ以下の全ての部隊は$I無秩序計画$iに従って集まることになっている。不良隷属兵員はプフォール高い要塞に深く前進し続けているため、どんな犠牲を払っても止められなければならない。

$C6この命令の違反は、最大の社会的身体的な罰の結果になる。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 20()は、実装されていません。

$C2alert#4337

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

brink_excursion

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

リーラは、君を誇りに思うだろう。

彼女は、常に君という鎧きららか騎士を持っていた。ほぼ独力で、$Iマラソン$iの入植者達を守り、プフォール奴隷としての過酷な生活からも救っていたが、そのほとんどは奇跡ではない。彼女は、彼女自身を維持することで君たち全員を守ったのだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

それ以来私は彼女を責めることはできない。我々はそれ以来、非常に多くのことを成し遂げた・・・。もしも、君が彼女の家に滞在するとしたら、マラソンの暗い玄関で君への私の荒々しい詩によるメッセージを読み逃すだろう。それとも、11番目のスフト氏族による我々の蘇生と、バトルグループ7をダメにするのかな?

私は君を忙しくさせ続けていたが、リーラだったら、外界植民地の警備勤務に君を戻すだろうな。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

我々が話すように、UESC侵入軍は中央プフォール前線中心都市に着陸している。私は、彼らが惑星側がよく制御された状況であることを見つけて心地よく驚くと思う。

疲れた者のための休息はない。しかし・・・私と君は、その倒れゆく帝国から遠くに行くことが必要だ。古代のスフト神話は私たちに、別の現実と接触する大きな裂け目の存在を長らく予言している。私は、我々の探索がどこで始まるかもう既に知っている。

すぐに会いに行こう、旧友よ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

acropolis_piltdown

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 36()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 4()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 5()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 20()は、実装されていません。

$C2expd#5487

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 23()は、実装されていません。

$C2保護命令 発:$C6プフォール上級指令$C2 宛:$C6全戦闘可能部隊 $C2参照:$C6きわめて危険$C2 認証印:$I命令指令$i

認証印:$I緊急処置$iにおいて議論されるように、隷属ランクおよびそれ以下の全ての部隊は$I無秩序計画$iに従って集まることになっている。不良隷属兵員はプフォール高い要塞に深く前進し続けているため、どんな犠牲を払っても止められなければならない。

$C6この命令の違反は、最大の社会的身体的な罰の結果になる。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 20()は、実装されていません。

$C2expd#5487

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

brink_excursion

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

リーラは、君を誇りに思うだろう。

彼女は、常に君という鎧きららか騎士を持っていた。ほぼ独力で、$Iマラソン$iの入植者達を守り、プフォール奴隷としての過酷な生活からも救っていたが、そのほとんどは奇跡ではない。彼女は、彼女自身を維持することで君たち全員を守ったのだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

それ以来私は彼女を責めることはできない。我々はそれ以来、非常に多くのことを成し遂げた・・・。もしも、君が彼女の家に滞在するとしたら、マラソンの暗い玄関で君への私の荒々しい詩によるメッセージを読み逃すだろう。それとも、11番目のスフト氏族による我々の蘇生と、バトルグループ7をダメにするのかな?

私は君を忙しくさせ続けていたが、リーラだったら、外界植民地の警備勤務に君を戻すだろうな。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

我々が話すように、UESC侵入軍は中央プフォール前線中心都市に着陸している。私は、彼らが惑星側がよく制御された状況であることを見つけて心地よく驚くと思う。

疲れた者のための休息はない。しかし・・・私と君は、その倒れゆく帝国から遠くに行くことが必要だ。古代のスフト神話は私たちに、別の現実と接触する大きな裂け目の存在を長らく予言している。私は、我々の探索がどこで始まるかもう既に知っている。

すぐに会いに行こう、旧友よ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

acropolis_piltdown

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 36()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 5()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 6()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 501()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 507()は、実装されていません。

time to give a big hand to the man in the arena, mr lund over there. he's the real driving force behind the completion and success of this scenario in more ways than i can count. if anyone deserves the gold star for the way this whole thing turned out, it's chris. thanks for putting up with me dude.

how about another round of retexturing? :)

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 507()は、実装されていません。

speaking of boundless toleration, i owe a few more people & things mention for contributing, directly or indirectly, to my role in this scenario.

tipped hats and applause to my adorable girlfriend whitney, the corpnews bandits, vrhl's nonstop good humor, magicelbow nadsat and the deaf palm trees, apple for making such kickass machines, forrest & svy oh so long ago, bungie for the obvious, mom and dad for bringing me kicking and screaming into this cold unforgiving world, and the green paper the government prints for making my existence as a big pink monkey worthwhile.

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 507()は、実装されていません。

i hope you've enjoyed our little project, i know it's been a blast for me to help make.

keep on vidding.

scott

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 505()は、実装されていません。

$C7No, this is not what lutefisk looks like, even though I did seriously consider putting a picture of lutefisk here.

So here's the ceremonial round of long and boring thankyou's:

$C4$B-Scott Brown$C7$b, for being such a picky bastard. If it wasn't for him the monsters of Rubicon would have been of the "it looks good if you squint" quality.

$C4$B-Sean Wallich$C7$b, for giving us server space for what must have felt like forever to someone that young. ;)

$C4$B-Dan Rudolph$C7$b, for starting the $C4Salinger Incident$C7 so long ago, thus dragging me into

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 505()は、実装されていません。

$C7the frustrating amazing and wonderful world of scenario making.

$C4$B-Bill Gates:$C7$b For being the Darth Vader of the IT industry. Life without a villain is boring. But didja really have to buy $IBungie?$i?

$C4$BDOA -$C7 $bwho made two great solo levels and a bucketload of network levels and had to leave because he got himself a life.$C4 $BOlivier Jansem -$C7$b who gave us the new pistol and had to leave because he got a life.$C4 $BGrag $C7-$b who gave us lots of great 3d renderings and then just left.$C4 $BElohymn Vilhaven -$C7$b who gave us the title theme and the Ascension theme. She left 'cuz she finished what she came for.$C4 $BTim Thomas -$C7$b who gave us two of his trademark Insane Mazes. Once again, Real Life cost us a good contributor.

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 505()は、実装されていません。

$C7And finally a round of thanks to all those other people: Parents, friends, colleagues, $C4Bungie?$C7, my budgies Viggo and Nina (even though they sometimes make an infernal racket), $C4alt.games.marathon$C7, my siblings, $C4Apple Computers$C7, the Norwegian Postal Service ('cuz they take their employees seriously), everybody who makes software for the $C4Macintosh$C7, anybody who likes lutefisk, and a bunch of other people I can't remember or find the space to mention.

People I $C4don't$C7 thank include $C4Microsoft$C7, my former boss, the person who invented chewing gum (ever tried separating a bunch of letters from a wad of bubblegum? Yechh), people who smoke in non-smoking zones, Sea Shepherd, Greenpeace, and that shithead who wrote the $C4Sevendust$C7 virus.

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 505()は、実装されていません。

$C7 Also worthy of mention are our betatesters (in no particular order): $C4Jane Davison$C7,$C4 Rainer Udelhoven$C7, and $C4Candace Sherriff. $C7

C Lund clund@notam.uio.no 29.08.00

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 503()は、実装されていません。

$C5First off, thanks to Scott for involving me in this wonderful project, even when it become apparent I possessed no actual skills.

Then, thanks go to clund- who never $C1EVER$C5 screamed in our presence after being asked to retexture $C1ANOTHER$C5 level to meet the new texture set (we did this about 5 times I think?)

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 503()は、実装されていません。

$C5Other thanks go to the people I actually know in real life, who put up with me on a day to day basis: $C1Sarah, Michele, Micah, Heather, Emma, Danielle, Kris, Megan, Brian $C5&$C1 Brian, Akiyo, Linda, Leyna, Jamin, Dori, $C5and$C1 Ashley$C5

This is Sean signing off.. may marathon live in the hearts of a true vidmaster forever and never be forgotten.

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 506()は、実装されていません。

$C6My part in $C2Rubicon$C6 started back in $C21996$C6 when, impressed by the work of other mapmakers, I decided to make a scenario of my own. I turned out to be a frankly crappy mapmaker, and then the long string of team members and mergers began. What you're playing now is the end result of at least three scenarios and dozens of contributors.

Most of the work was done by $C2Chris Lund$C6 and $C2D. Scott Brown$C6, as I had few applicable skills. Props also to my dad, who let me use his computer until I got my own and $C2ig98$C6 who ran the Hotline server.

Hope you enjoyed $C2Rubicon$C6. Please send fan/hate mail. Just so long as we know you're playing.

$C2Dan "7thFace" Rudolph Ace_of_Sevens@mac.com

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

$C4But wait...

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

$C7But wait..$C3. $C0

$C4There's more. Lots more...

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 505()は、実装されていません。

$C3 $C7When we ($C4Jeff Schwartz$C7,$C4 Chris Wondra$C7,$C4 Tim Thomas $C7and $C4I$C7) made these levels, we made them so they would be challenging for us, so we wouldn't be able to stroll through the levels blindfolded.

As it turned out, this was too tough for the betatesters. Way too tough. They completed the levels by cheating or by playing on kindergarden, swearing at the mapmakers every time they had their posteriour handed to them.

So the monsters had to be pruned (meaning$C3 $C420-25%$C3 $C7of the monsters are gone in most levels), and the result are levels that won't kill you before your feet hit the ground.$C0

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 505()は、実装されていません。

$C3

$C7But two of the levels were kept in their original lethal state, as a reward to anyone clever enough to find this terminal. $C4 You are about to enter one of those levels. $C0 $C7If you're not sure you're up to it, then press $C4[esc] $C7now and return to the kinder, more gentle levels.

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 505()は、実装されていません。

$C3 $C7 But two of the levels were kept in their original lethal state, as a reward to anyone clever enough to find this terminal. $C4 You are about to enter one of those levels.$C0

$C7If you're not sure you're up to it, then press $C4[esc]$C7 now and return to the kinder, more gentle levels. $C4 Are you sure you want to continue? The next level is very difficult.$C0

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 505()は、実装されていません。

$C3 $C7 But two of the levels were kept in their original lethal state, as a reward to anyone clever enough to find this terminal. $C4 You are about to enter one of those levels. $C7 If you're not sure you're up to it, then press$C3 $C4[esc]$C3 $C7now and return to the kinder, more gentle levels.

Are you sure you want to continue? The next level is very difficult. $C4 It made some of the betatesters cry.$C0

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 505()は、実装されていません。

$C3 $C7 But two of the levels were kept in their original lethal state, as a reward to anyone clever enough to find this terminal. $C4 You are about to enter one of those levels.$C0 $C7 If you're not sure you're up to it, then press$C3 $C4[esc]$C3 $C7now and return to the kinder, more gentle levels.

Are you sure you want to continue? The next level is very difficult.

It made some of the betatesters cry.$C4

So be it. Prepare to have your cherries blasted.

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 501()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 63()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 6()は、実装されていません。

;

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#TERMINAL 7()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#UNFINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

IMMDT.DNGR.38752

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 1()は、実装されていません。

うーむ...やつらは私の想像したそのやり方には見えないな。私は、彼らが置いたそれらの奇妙なエネルギー・ボールが何のためにあるかについてわからない。

全部見つけちゃったのかな? 本当かな?

私は違う。探しつづけるのだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

brk.ovrrd.out

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 0()は、実装されていません。

brink_excursion

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

リーラは、君を誇りに思うだろう。

彼女は、常に君という鎧きららか騎士を持っていた。ほぼ独力で、$Iマラソン$iの入植者達を守り、プフォール奴隷としての過酷な生活からも救っていたが、そのほとんどは奇跡ではない。彼女は、彼女自身を維持することで君たち全員を守ったのだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

それ以来私は彼女を責めることはできない。我々はそれ以来、非常に多くのことを成し遂げた・・・。もしも、君が彼女の家に滞在するとしたら、マラソンの暗い玄関で君への私の荒々しい詩によるメッセージを読み逃すだろう。それとも、11番目のスフト氏族による我々の蘇生と、バトルグループ7をダメにするのかな?

私は君を忙しくさせ続けていたが、リーラだったら、外界植民地の警備勤務に君を戻すだろうな。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 24()は、実装されていません。

我々が話すように、UESC侵入軍は中央プフォール前線中心都市に着陸している。私は、彼らが惑星側がよく制御された状況であることを見つけて心地よく驚くと思う。

疲れた者のための休息はない。しかし・・・私と君は、その倒れゆく帝国から遠くに行くことが必要だ。古代のスフト神話は私たちに、別の現実と接触する大きな裂け目の存在を長らく予言している。私は、我々の探索がどこで始まるかもう既に知っている。

すぐに会いに行こう、旧友よ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 0()は、実装されていません。

acropolis_piltdown

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 36()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 7()は、実装されていません。