AlephOne JP v1.0

AlephOne 1.0では、インターフェイスの改良、OpenGLの改善、Luaの機能強化、バグ修正、およびオリジナルのMarathon2、Marathon Infinityのフィルム再生サポートなど、多くの改良が含まれています。

これは、オールインワンのアプリは(Mac OS X)と簡単なインストールのためのオールインワンzip形式のフォルダ(Windowsの場合)として利用できるオリジナルのゲームのすべての3つのコミュニティ - アップグレードされたバージョン、が付属しています。

AlephOne 1.0は、新しいLuaの機能や修正を除いて、前の安定版リリースのネットゲームと互換性がありますが、すべてのユーザーが強く最高のセキュリティと安定性のために1.0にアップデートすることを推奨します。

重要な注意

環境設定とデータファイルの場所が更新されました。データファイルと設定の一部が自動的に移行されます。詳細は、マニュアル/ファイルの保存先を参考にしてください。

要件

  • 500 MHzのプロセッサと128 MBのRAM、1 GHzプロセッサおよび256 MBのRAMを推奨
  • オペレーティングシステム
    • Mac OS X 10.4以降
    • Windows XP以降
    • LinuxまたはUnixライクなSDL 1.2.14およびGCC 3.4またはそれ以降でシステムを運用
  • OpenGLの(クラシック)レンダラ
    • AMDもしくはnVidiaのチップ搭載しているモデルを推奨
  • OpenGL(シェーダ)のレンダラ
    • ATI Radeon 9600またはnVidia GeForceのFX 5200以降のグラフィックボード
    • ブルーム:NVIDIA GeForce 8シリーズまたはATI Radeon HDシリーズを推奨
    • Mac OS X 10.5以上を推奨

新しいデータファイル

M1A1(日本語版はありません。M1A1 SEを使用してください)

  • すべてのレベルは元マラソンに本物のように更新されています。
  • M1A1で追加されたシークレットは削除されました
  • グルー(プフォールのダメージ床)の挙動は、AkephOneに密接に、可能な限りエミュレートされています
  • 風景、アイテムの配置、音、およびパズルへの多数のその他の修正
  • スタートアップシーケンスとエピローグは、元マラソンのものと一致
  • カスタム照準を持つ新しいワイドスクリーンHUD
  • 音楽は、オリジナル版のMarathon版と同じ、QuickTime 2.0音源を使用したものに変換されています
  • HD解像度の壁のテクスチャと、背景画像は、TTEPのものを使用しています。
  • Marathonのテーマプラグイン

Marathon2 Durandal日本語版

  • Xbox LIVEアーケード版Marathonより、フルHDのグラフィックパックを含んでいます。
  • カスタム照準付きワイドスクリーンXBLA HUD
  • Marathon2テーマプラグイン

Marathon Infinity日本語版

  • HDアイテム、爆発、および手の武器
  • Goran氏のHD壁のテクスチャと風景
  • カスタム照準付きワイドスクリーンHUD

版権

  • HUDアートワーク:Steven Tzé
  • HUDスクリプト:Jeremiah Morris
  • M1A1の更新:Bruce Morrison, Hamish Sinclair, Gregory Smith, Jeremiah Morris
  • Marathon 2 HD アートワーク:Freeverse and Bungie
  • Marathon 2のオレンジ色のコンパイラーの再着色:thedoctor45
  • SMGの高解像度グラフィック:Adam Fothergill
  • Marathon HD テスクチャ:Tim Vogel and Jay Faircloth
  • Marathon Infinity HD テスクチャ:Goran Svensson
  • Marathon および、Marathon 2のテーマ:Gregory Smith
  • Marathon2/Infinity日本語版:アテイン株式会社Pacific Software Publishing, Inc.
  • スペシャルサンクス:Bernie Yee, Ondraus Jenkins

機能

  • Marathon2、Marathon Infinity形式のフィルムの再生のサポート
    • 古い映画の場合、環境設定に正しい再生プロファイルを選択します。
    • AlephOne 1.0で保存されたフィルムは関係なく、自動的に環境設定で選択した、正しい再生プロファイルを使用して再生されます
    • 複数のレベルにまたがるフィルムは、まだ正しく再生されません
  • インターフェースの改善
    • 現在WindowsとMac OS Xでは、OpenGL(クラシック)レンダラが既定値となっています。
    • どちらかのOpenGLレンダラーが有効になっている場合、すべてのメニュー、ダイアログ、およびチャプター画面はOpenGLを使用して描画されます。これはゲームにしてのスムーズな遷移を提供し、ゲームを出入りすると、多数のバグを修正する必要があります
    • 必要なときだけ画面解像度が変更されます
    • OpenGLが有効になっているときにのチャプター画面やムービーは、ゲームの解像度を使用します。
    • 画面のフェード有効時は、OpenGLを使うのではなく、ハードウェアのガンマを用いて実現しています。
    • 自動画面解像度は、自動的にネイティブの画面解像度を使用する設定で利用可能です。
    • ユーザーがシナリオのディレクトリを選択できるように、マップ/形態/サウンドが見つからない場合は、ダイアログが表示されます。
  • グレンDitchfieldから3Dモデルの改良
    • 3DモデルのMMLのためのより多くのインポートの種類
    • モデルのデバッグログは、現在標準AlephOneログを使用しています
    • 3DSとOBJモデルは東側を0とする回転角で方位を指定します。
  • OpenGL(シェーダ)の改善
    • 数々の速度の最適化
    • バンプマップと風景、霧の深さ、鉱夫のライト、そして照明はオフになりましたOpenGLとより類似しています(クラシック)
  • 一般的なOpenGLの改善
    • ビデオカードでサポートするミラー化された繰り返し、景観は、代わりにぼやけの上部と下部にミラーリングされる
    • 非2乗テクスチャを有効にするオプションは、高度なグラフィックス環境で利用可能です。NPOTテクスチャをサポートしているシステムでは、これは大幅にVRAM使用量を減らすことができますが、それはデフォルトで無効になっているので、いくつかの実装はバグがあります。
    • もしOpenGLレンダラーはよりソフトに見えるようにしたい場合は、近くと遠くのテクスチャフィルタは現在、無効にすることができます
    • オーバーヘッドマップは、シングルプレイヤーゲームとネットゲームでマップを開くときに画面を切り替えることなく、ゲーム画面の上にオーバーレイで半透明のマップを表示します。
  • LUAのアップデーtp(LUAは、それLua.html HUD.html)
    • ソロのスクリプトは現在、IOライブラリへのアクセス権を持っている
    • 目標のためのアクセサ
    • プレイヤー、モンスター、アイテムの開始位置のためのアクセサ
    • Game.monsters_replenish追加
    • HUD表示は、プレイヤーの動きに反応できるように(HUD)、Player.velocityを追加
    • モンスターとアイテムの再出現のパラメータのアクセサ
    • サウンドオブジェクトのアクセサ
    • 武器パネルのラベル用(HUD)アクセサ
    • オーバーレイマップの設定のための(HUD)アクセサ
    • 飛行:削除()
    • カスタム照準を描画するための(HUD)API
    • Level.completed
    • light_switch、tag_switch、およびplatform_switchトリガの機能強化
    • 新しいトリガ:projectile_switch
    • HUD)現在表示されているプレーヤーAPI
  • 静的転送テクスチャのモード​​がサポートされるようになりました
  • フィルムをドラッグアンドドロップ、保存されたゲーム、マップ、そしてより多くは、現在サポートされています。
  • デフォルトでは、景観開花。風景の開花は、現在MMLを介して設定され
  • "プレイボール"とタグのための音"ですが、これだ"とボールのゲームで人を殺すは、現在再生されます
  • AlephOneは、現在のバージョン番号、シナリオ情報、アレフワンのウェブサイトとFSFはGPLのウェブサイトへのクリック可能なリンク、および貢献者のリストを含むダイアログを表示する"アレフOneによって供給"ボタンを、表示されます。
  • Alex ex Machina氏は、新しいモダンな見た目のアプリケーションアイコンを寄付
  • プラグインはAnvilの形状パッチをサポートしています
  • AlephOneは、現在、各イントロの画面に割り当てられているサウンドリソースを再生することができます
  • AlephOneは、現在、GNU General Public Licenseのバージョン3を使用しています。
  • ダイアログのサウンドは、現在設定可能
  • 十字線の設定は現在、持続的です。

バグ修正

  • 保存ダイアログファイルができるように、ディレクトリのナビゲーション(SF 1780604)
  • AlephOneは、今で大文字と小文字を区別するHFS +ファイルシステム上で実行され
  • 風景の制限に達したときScenery.new()を呼び出すとクラッシュする問題を修正
  • Luaのテクスチャパレットに固定読み取り値
  • ガンマがブレンド補正さで数々のガンマは、SF 3090718を含むブレンドの修正を、訂正、霧は間違って見える
  • 無効なLuaのカスタムフィールドを保存するとクラッシュする問題を修正しました
  • Luaのカメラは以前と同じようにではなく、それぞれのFPSで、今、それぞれの世界を動かして更新されます。SF 1344287が修正され、カメラはネットスクリプトで安全に使用できるようにするべき
  • 主に前に壊れていたのLUAエフェクトアクセサを、修正
  • 端末で#静的セクション(SF 2942859)を修正
  • SF 3057146を修正する、LuaのHUD Shapes.newための文字列を使用することはできません。
  • チェイスカムは、リプレイで現在使用可能ではない、とはもはやネットゲームが同期して外出するようになります
  • OpenGLの(シェーダ)はGLSLで有効になっている場合、一つは、現在のOpenGL(クラシック)レンダラにフォールバックするアレフはサポートされていません
  • Tick​​ごとの複数のポイント(SF 1663071)を排出するときに酸素の警告音はスキップしないでください
  • <texture> MMLだけではなく、その記述子のエントリ全体を上書きせずに、指定された属性を上書きします
  • 修正するpickle136からパッチを適用しは - disable - opengl
  • SDL_ttfのサポートが有効になっていない固定画面上のメッセージ
  • Mesa glClipVertex(SF 3198132)を無効にする - しかし、AMDやNVIDIAのバイナリドライバが非常に(シェーダ)OpenGLのために推奨されています
  • S3TCサポートのないドライバで固定された圧縮されたテクスチャ
  • 有効なレベルを設定ネットワークゲームでは選択されていない場合、ユーザーが収集して続行させてください
  • プラグインで行方不明のMMLファイルを解析するのではなく、警告をログに記録
  • 失敗したLuaスクリプトを実行するときにエラーをログに記録
  • ラグが多いLANやインターネットゲームを引き起こしていた固定の優れたタイミング調整のジッター補正、
  • directory引数は、現在ALEPHONE_DATAよりも優先されます
  • +と - のようなMML.htmlに記載され、モデル側とdepth_type属性のために受け入れられる
  • 未処理の例外は、現在代わりに標準エラー出力の一つlog.txtをアレフに記録されます。
  • 固定ネットゲームと生協のフリーズ
  • 固定8ビットサウンド
  • マラソン:デュランダル(XBLA)1つのミップマップが欠落している壁のテクスチャは、、現在は変換せずに認識される
  • 固定のLUA control_panel.uses_item
  • 修正スイッチをM1A1で、元のサウンドの音量が0の場合は音を再起動できるように

廃止予定と吸収

  • いわゆる"シングルプレイヤーのネットゲーム"のサポートが削除されました
  • 8ビットのソフトウェアレンダラが削除されている、とトゥルーカラーのソフトウェアレンダラーは、スピード以上の精度に最適化されています。AlephOneは、もはやソフトウェアで効率的にレンダリングするために必要なハードウェアに直接アクセスの種類を提供していない現代のオペレーティングシステム上の元のマラソンの三部作を、再生するように設計されています
  • ガンマは、ブレンドオプションが削除されている修正。流動資産はいずれも、ガンマは、ブレンドを修正使用するように設計されていない、そしてその維持管理は、潜在的な利益の価値はないと判断された。つの例外があります:花が常にガンマを使用して、今ブレンド補正、ガンマ補正は、ハードウェアで利用可能でない場合、それはシェーダでエミュレートされます。これは、0.23.3に比べて古いカードで花減速を引き起こす可能性がありますが、一貫性のある、高品質の映像になります
  • "ソロスクリプト"、"HUDスクリプト"と"テーマ"のオプションは、アレフOneの将来のバージョンで削除されます。この機能は、現在、プラグインによって提供されます。
  • 古いAPI Luaスクリプトの互換性モードは、AlephOneの将来のバージョンでは削除されます。互換モードを使用するほとんどのスクリプトが更新されている、またはとにかく1.0で動作しません。