Marathonとは?

Marathonは、1994年に現在HALOやOni等で有名な米Bungie社が発売したMacintosh用3Dシューティングゲームで、パズル的要素や、当時のこのタイプのゲームとしては濃密なストーリーで定評があり、続編にあたるMarathon2 Durandal,同Infinity(Blood tied of Lo'won)では、Windows版も発売され、現在、最新技術(OpenGL対応、インターネット対応など)を盛り込んでオープンソース化されたもの(AlephOne)が配布されている。

ゲームの内容は、Marathon1では、宇宙船マラソンに進入してきたエイリアン(プフォール)を同宇宙船のAIに命令され倒すといった内容だったが、続編Durandalでは物語の伏線として張られていたエイリアン(スフト)をめぐって、惑星ロウォンを調査するといった内容になり、Infinityではさらに広く、ジャイロという未知の文明を巡った冒険をするといった内容となっている

元々、Marathon1で開発時間の都合上でゲームに必要なグラフィックなどが、編集しやすいリソースで保管されていたこともあって、初期の頃からたくさんのサードパーティー製Mapが作られた。中には、TrojanExcaliburのようにグラフィックも完全に独自のものを使い、もはや別ゲームというものもたくさんあった。これが、Infinityになると、自分でシナリオを作れるForgeとグラフィックを作れるAnvilという公式のツール等が付属し、たくさんのサードパーティー製Mapが作られた。

くわしくは、シナリオ紹介で。

AlephOneは?

AlephOneとは、MarathonMarathon2 Durandal)をオープンソース化し、OpenGLによる描画と幅広いプラットフォームで動くようにした物である。 →Marathon Opensource