;L01:Merlin Unplugged

by Logue?

#TERMINAL 0

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 130()は、実装されていません。

$C1<アクセス・チャンネル248>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

マーリンからのメッセージ $C0 宇宙船クロノスへようこそ。

この宇宙船の上に重大な使命の準備をするようにしむけられました。キャプテンはブリッジ上で拘留され、私にあなたにあなたを待つ危険の準備をさせる指示を与えました。Holodeckは土地研究の広範囲なトレーニングのためにプログラムされました。また、武器は使用します。使命を記述する前に、私に若干の背景事情をあなたに提供することを許してください。

私があなたに話そうとしていることは、厳密な信頼であなたと共有されています。大尉さえこれらの出来事に気付いていません、同様に彼は私が本当に誰であるかということに気付いていません。彼が知っている限り、私はAIが進歩した人間の相互作用のためにプログラムしたコンピュータです。しかし、あなたは違いに気づいているはずです。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 10101()は、実装されていません。

数世紀前、騎士と城の時代、神秘主義と魔法の土地で、私は、自分の肉体で地球を歩いていました。キャメロットでは、アーサー王の統治中に、私が王のガイドおよび友人として仕えていました。国王への異母(父)姉妹であるモルガナはこの期間に私に近づき、すぐに魔法の芸術をマスターしました。その後モルガナは、私を騙して強力な魔法を自分のものとした後、魔法で私を凍りづけにしました。

私の名前はマーリン。魔法使いであり、王を導いた者です。

そして、まもなくあなたを導くでしょう。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 10100()は、実装されていません。

モルガナが私を凍らせた数週間後に、異常な嵐は土地を襲いました。王国の至る所で光った電子の重いにわか雨に、強い電気的なパルスがキャメロットを貫通しました。このパルスは、私を拘束した氷にまでも浸透し、模樹石の変形させ、純粋なエネルギーの意識の中への電気化学の何かが私の精神を解放したのです。今になってわかったのですが、嵐は時代の技術的な用語によると、時空連続体の爆発でした。それがおさまるとともに、私が、人造の電子装置の奇妙な新しい世界にいたところで、私の魂は未来へ何百もの年月を飛び越えました。そんななかで、この時代のコンピューター技術が、私の精神を人類と通信することができることを発見しました。私がDiabro海賊との戦いの間にあなたを導いたのはここからです、そして私があなたの新しい旅行であなたと共に働き続けるであろうのはここからです。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 10102()は、実装されていません。

現在、あなたは、惑星連合の宇宙船クロノスの病室にいます。直接あなたの真向かいに現在実験的な時間さやに場所を提供している格納庫1と2があります。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 10103()は、実装されていません。

クロノスは現在システムのオーバーホールを行っています。このため、船の内の様々な位置への転送に使うテレポーターは使用不能ですが、唯一の運用可能なものがテレポーター・ルームAにあります。

Holodeckの2と3への道を見つけてください。あなたが旅行する期間の調節をすることは避けられません。さらなる指示のためにのHolodeckのドアの外側のコンピュータ端末にアクセスしてください。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 10104()は、実装されていません。

ターボリフト使って次元ポッドに行ってください。私は、充電するベイのコミュニケーション・ターミナルからのクロノス時間鞘実験上であなたに事前に説明しましょう。

船は現在オーバーホールを行っているので、多くのドアが開閉不能です。しかしそこに、船のいくつかの部分への手動開閉できる権限を持っている、エンジニアリングクルーを巧みに動かして行ける場所があるかもしれません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 0()は、実装されていません。

#TERMINAL 1

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 130()は、実装されていません。

$C1<アクセス・チャンネル251>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

$C1

マーリンからのメッセージ・・・ $C0 $BHolodeck 2$b

Holodeck 2はジュラ紀に転送するようプログラムされました。このプログラムはあなたの冒険する上でこれから起こりうる環境を提供します。あなたは、そのエリアを調査し、エスケープ・ポッドを見つけることです。これは単に練習です。Holodeckエスケープ・ポッドはテレポーターをサポートしていません。 エスケープ・ポッドを有効にした後にHolodeckの出口を置かなければなりません。

** HOLODECK 2 起動 **

>> 起動中…

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

** HOLODECK 警告 **

- HOLODECK 異常発生 - コアプロセッシング不調 - AUXILIARRY処理不調 - 力場安定化処理不調 - 放射線システム不調 - 神経化学合成システム不調 - [$C7$Uholodeck-admin@waterloo.kronos.starships.up$C1$uに連絡してください。]

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 133()は、実装されていません。

- <アクセス・チャンネル251>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

$C1$B

ALL-HANDS 警報 敵船は船の底部から襲撃しており、貨物室1および2は激しい損傷を受けています。総員は即待避してください。防御システムがダウンしています。船内移動テレポーターはすべて機能していません。未来へ行くポッドを充電するベイへ直ちに行ってください。船から脱出できるただ一つの手段は、現在機能しているポッドに行くことです。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 1()は、実装されていません。

#TERMINAL 2

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 130()は、実装されていません。

<アクセス・チャンネル252>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

マーリンからのメッセージ・・・

Holodeck 3

Holodeck 3は、キャメロットの時代へ行くようプログラムされています。このプログラムは、時間の多くを費やすものに似ている環境を提供します。

私は、Holodeck 2と同様に、練習としてこのプログラムをセットアップしました。あなたは、そのエリアを調査し、ドラゴン・シールド・ポーションを見つけることです。これは単に練習です。このポーションは、ほとんど役に立たないでしょう。しかし、そこの地形を学ぶ上で不可欠です。

** HOLODECK 3 アクティブ **

>> 起動中…$

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

** HOLODECK 警告 **

Holodeck 3は、安全コントロール・コードに関する技術的な問題を起こしています。一層の診断学まで安全かどうか不確かです。

[$C7$Uholodeck-admin@waterloo.kronos.starships.up$C1$uに連絡してください]

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#FINISHED()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 133()は、実装されていません。

<アクセスチャンネル 252>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

ALL-HANDS 警報 敵船は船の底部から襲撃しており、貨物室1および2は激しい損傷を受けています。総員は即待避してください。防御システムがダウンしています。船内移動テレポーターはすべて機能していません。未来へ行くポッドを充電するベイへ直ちに行ってください。船から脱出できるただ一つの手段は、現在機能しているポッドに行くことです。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 2()は、実装されていません。

#TERMINAL 3

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 130()は、実装されていません。

<アクセスチャンネル 227>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

マーリンからのメッセージ・・・

現在、船のトランスポーター室の転送装置は、機能していません。

リポートによるとはモルガナの攻撃が至る所から入って来ているようです。いくつかの拠点は既に破壊されました。まさに私たちが話している間にも船に侵入してます。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 10103()は、実装されていません。

転送室Aと転送室Bのうち、転送室Aのドアは現在ロックされます、あなたは、転送室Bの左図の示すパッドに乗ってください。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 10102()は、実装されていません。

このトランスポーターのうち一つは、病室へ、またもう一つは格納庫#2の図の位置に転送されます。

システムのオーバーホールが完了するまで、船からあなたをテレポートには格納庫#2にある充電するベイの次元ポッドを使用するしかありません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 133()は、実装されていません。

<アクセスチャンネル 227>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

ALL-HANDS 警報 敵船は船の底部から襲撃しており、貨物室1および2は激しい損傷を受けています。総員は即待避してください。防御システムがダウンしています。船内移動テレポーターはすべて機能していません。未来へ行くポッドを充電するベイへ直ちに行ってください。船から脱出できるただ一つの手段は、現在機能しているポッドに行くことです。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 3()は、実装されていません。

#TERMINAL 4

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 130()は、実装されていません。

<アクセスチャンネル 233>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

マーリンからのメッセージ・・・

よくやりました・・・。現在エンジニアリング乗組員からある支援を得ました。わずかな弾薬のだけですが、有用になるでしょう。ホールを横切った武器室の兵器製造所は、セキュリティ警戒体制により現在行くことができません。

エンジニアリング乗組員のうちの一人をまだ見つけることができたのは幸運でした。彼らはすべて、緊急撤退につきにクロノスを去ることを命じられました。モルガナの帝国からの攻撃騎兵はセキュリティ・システムに侵入し、船に乗りました。しかしながら、あなたのがこの船を守るよりはるかに重要なので相手にしないでください。クロノスのコントロールを回復する途中で援軍があります。あなたがすべきことは、トレーニングを終えて旅に出ることです。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 133()は、実装されていません。

<アクセスチャンネル 233>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

ALL-HANDS 警報 敵船は船の底部から襲撃しており、貨物室1および2は激しい損傷を受けています。総員は即待避してください。防御システムがダウンしています。船内移動テレポーターはすべて機能していません。未来へ行くポッドを充電するベイへ直ちに行ってください。船から脱出できるただ一つの手段は、現在機能しているポッドに行くことです。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 4()は、実装されていません。

#TERMINAL 5

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 133()は、実装されていません。

ステーション 10

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

クロノス・セキュリティ・システム

デッキ1~7 レベル1 セキュリティ・チェック クロノス艦橋   :安全 デッキ1~3   :安全 デッキ4~7   :違反検知 Holodeck1    :違反検知 Holodeck2    :危険 Holodeck3    :危険 シャトル・ベイ  :違反検知 ポッド・ベイ1~2:違反検知 トランスポーターA:<不明> トランスポーターB:安全 武器庫      :安全 病室       :安全 エンジニアリング :安全

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

** 警報 赤 **

** 警報 赤 ** 7を通ったデッキ4上で機密漏洩を検知。

シャトル・ベイで機密漏洩を検知。

ポッド1及び2で 機密漏洩を検知。

** 警報 赤 **

** 警報 赤 **

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 133()は、実装されていません。

ステーション10

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

クロノス・セキュリティ・システム

デッキ1~7 レベル1 セキュリティ・チェック クロノス艦橋   :違反検知 デッキ1~3   :安全 デッキ4~7   :侵入(死傷者) Holodeck1    :違反検知 Holodeck2    :危険 Holodeck3    :危険 シャトル・ベイ  :侵入(死傷者) ポッド・ベイ1~2:侵入(死傷者) トランスポーター A:<不明> トランスポーター B:<不明> 武器庫      :<不明> 病室       :<不明> エンジニアリング :侵入(死傷者)

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

ALL-HANDS 警報 敵船は船の底部から襲撃しており、貨物室1および2は激しい損傷を受けています。総員は即待避してください。防御システムがダウンしています。船内移動テレポーターはすべて機能していません。未来へ行くポッドを充電するベイへ直ちに行ってください。船から脱出できるただ一つの手段は、現在機能しているポッドに行くことです。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 5()は、実装されていません。

#TERMINAL 6

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 133()は、実装されていません。

** 機密漏洩を検知 **

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 129()は、実装されていません。

馬鹿にしないで欲しいわね!!!その年を取ったヤギのマーリンの指示に従えば、ちょうど彼がなったようになるわよ。また銀河を救おうと考える彼の独善的な理想…それは無意味だわ!この銀河は救済を必要としている、しかし私からではないわ…種は、すべて感染させる愚かさおよび弱点から救われる必要があるわ。私のさと力でその弱者達を征服するわ。今私に加わる機会があるうちに私に合流しなさい。マーリンの計画の中で共にすれば、確実に死にますわよ!

- モルガナ

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 6()は、実装されていません。

#TERMINAL 7

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 130()は、実装されていません。

<アクセスチャンネル 300>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 134()は、実装されていません。

マーリンからのメッセージ・・・

まず、Holodeck 2および3の上での練習を終えてください。ここに戻る前に、キャプテンWheatinの最後のログを読むコミュニケーション室を訪れてください。行われ、私が、あなたにクロノスにここに実行されている時間旅行実験に関するさらに詳しい情報を提供するだろう場合、ここに返ってください。

私はあなたのためにこれをしています。この先、あなたを待ちうけている危険は想像不可能です。また、私は、あなたが覚悟していることを私自身に保証する必要があります。銀河全体はそれに依存しています!

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 130()は、実装されていません。

<アクセスチャンネル 300>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 134()は、実装されていません。

マーリンからのメッセージ…

センサーはダウンしています。クロノスは、現在最悪の状況下にあります。艦長は彼の乗組員と待避しました。この船で練習することはもはや安全ではありません、あなたの旅行に乗り出す時間です。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

あなたは、現在ベイを充電する次元ポッドにいます。将来(同様の技術を使用する時間旅行者からの)から得られた技術を使用して、次元ポッドは実験します。特にこれらの次元ポッドは一般に未来ポッドと呼ばれます。

あなたに隣接しているのは未来ポッドのための2つの大きな記録ベイです。それらがあなたの旅上に不可欠でしょうから、これらのポッドの外観を覚えていてください。

モルガナが私を裏切った後、彼女は多数の暗黒騎士および捕らえられたキャメロットを集めました。その後、アーサーおよびアーサー王の円卓の騎士の身にふりかかったことは、この時期に未知です。ロジックと科学の法則を無視して、モルガナは、魔法と科学の強情なコンビネーションに基づいた弊害の彼女の力を構築し続けました。不可解な時間を使用して、彼女は、時空連続体をすぐに通り抜けることができました。彼女は、完全には発見の後ろ科学を理解しませんでした。したがって、彼女は時間を彼女と手先に切り抜けさせることができませんでした。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

彼女の最初の調査は、今ごろはもう推測したかもしれないとともに、将来および外国の世界上にに興味を持っていました。すべての生き物から闇の面へ誘惑するための彼女の無比の才能を使用して、彼女は速く軍隊を集めて、あなたがDiablo海賊襲撃として知っているものを巧妙に計画しました。あなたがそれらを止めることが確かに、非常に重要だった一方、著作権侵害者はモルガナのための単なる実験でした。彼女の時間を旅行する能力を使用して、彼女は、今この四分円を管理する魔性の計画を考案しています。彼女を止めなければなりません。

クロノスは、時空連続体を通り抜けるための彼らの能力を改善し、コントロールすることことを試みて、これらの次元ポッドのテストを行なう実験の容器です。技術はまだ完成されません。しかし、それはこの時点でモルガナを追い詰める私たちのただ一つの手段です。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

過去の2億年へ後ろに旅行する準備をしてください。モルガナは、理論上、ジュラ紀中に存在した、希少なクリスタルを探索しています。彼女がそれらを得るのを防がなければなりません。その期間を通じて分散した既に次元ポッドがあります。また、今それらのうちの1つにテレポートできるでしょう。次元ポッドはあなたにテレポーター、コミュニケーションおよび他の少数の現代の機能を供給するでしょう。しかしながら、大部分は、野生で有史以前の環境に順応する必要があるでしょう。幸運を!

テレポートの準備をしてください…。

- テレポート・シーケンサー - 目標時間コード:ジュラ紀 座標コード:167,23 <34.19> *** テレポート・準備完了 ***

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 2()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 7()は、実装されていません。

#TERMINAL 8

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 134()は、実装されていません。

グリーティング!

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

マーリンからのメッセージ・・・

グッジョブ!

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 133()は、実装されていません。

<Holodeck 2>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

ALL-HANDS 警報 敵船は船の底部から襲撃しており、貨物室1および2は激しい損傷を受けています。総員は即待避してください。防御システムがダウンしています。船内移動テレポーターはすべて機能していません。未来へ行くポッドを充電するベイへ直ちに行ってください。船から脱出できるただ一つの手段は、現在機能しているポッドに行くことです。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 8()は、実装されていません。

#TERMINAL 9

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 130()は、実装されていません。

<アクセスチャンネル 251>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

HOLODECK 2 シャットダウン…

- HOLODECK 不調 - コアプロセッシング不調 - AUXILIARRY処理不調 - 力場安定化処理不調 - 放射線システム不調 - 神経化学合成システム不調

** シャットダウン完了 **

<Holodeck 2 コンピューターはオフラインです>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

マーリンからのメッセージ…

あなたはHolodeck 2の上のジュラ紀の練習を終えました。プログラムはオフ・ラインになりましたが、Holodeckの中にまだあるジュラ紀の残りがあるように見えます。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 133()は、実装されていません。

<アクセスチャンネル 251>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

マーリンからのメッセージ… おめでとう!

あなたは無事、Holodeck 2の上のジュラ紀の練習を終えました。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

$C1$B

ALL-HANDS 警報$b $C2敵船は船の底部から襲撃しており、貨物室1および2は激しい損傷を受けています。総員は即待避してください。防御システムがダウンしています。船内移動テレポーターはすべて機能していません。未来へ行くポッドを充電するベイへ直ちに行ってください。船から脱出できるただ一つの手段は、現在機能しているポッドに行くことです。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 9()は、実装されていません。

#TERMINAL 10

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 130()は、実装されていません。

<アクセスチャンネル 252>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

マーリンからのメッセージ…

あなたは、Holodeck 3の上でのキャメロットの練習を終えました。ホールを横切ってコミュニケーション室を訪れて、Wheatin艦長によってなされた最後のターミナルログにアクセスしてください。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 133()は、実装されていません。

<アクセスチャンネル 252>

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

&color():Invalid color: #FFFFFFF;

おめでとう!

あなたは無事、Holodeck 2の上のキャメロットの練習を終えました。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

$C1$B

ALL-HANDS 警報$b $C2敵船は船の底部から襲撃しており、貨物室1および2は激しい損傷を受けています。総員は即待避してください。防御システムがダウンしています。船内移動テレポーターはすべて機能していません。未来へ行くポッドを充電するベイへ直ちに行ってください。船から脱出できるただ一つの手段は、現在機能しているポッドに行くことです。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 10()は、実装されていません。

#TERMINAL 11

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 130()は、実装されていません。

$C1Captain's Log

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

艦長日誌-宇宙時間 2319382

Log Entry: 1245 私たちの乗客はよく回復しています。病室は、生命徴候がすべて正常に戻っていると報道します。提督Schimilleはこの情報に満足するでしょう。提督は、クロノスに乗っている間私たちの新しい乗客が優先事項となられることになっていることを非常に明らかにしました。

私たちの新しい乗客を雇うことは、私たちの調査および時間旅行を備えた継続的な実験からの少しの気晴らしであると分かりました。しかしながら、私はSchimilleのヒーローの業績が全く印象づけられることを認めなければなりません。この宇宙船は、私の乗組員の中の更新されたエネルギーの口火を切り、著しく高いギャラクシアン精神を実証しました。まだ英雄的な冒険を恐れさせる無数の物語は伝えられ再び語られます。時々、私は、これらの物語に巻き込まれて、非常に激しく自分の天分を自覚します、私は、私たちが何をここで行っているかほとんど忘れます。しかし、私たちのビジターが知っているものがあります、それはこれらの物語に大きな不確実性の影を投げかける…あたかも最悪の事態がまだ来ていないかのように。

艦長 マイケル・B・ウィーティン

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INFORMATION()は、実装されていません。

艦長日誌-宇宙時間 2319383

ログ・エントリ:0805

我々は今朝,全方位からの宇宙船に対する攻撃のいくつかの報告を受け取りました。船はディアブロの海賊船より強いです。クロノスはこれほどの大きさの攻撃が報告されているのに、対処するのには準備が足りません、私は彼女とクルーを気遣います。

私はエスコートを得るために巡洋戦艦ダバンポートおよび調査船ブラジルと連絡をとりました。私たちは、戦いから遠ざけてリードするためにコースを区画することを試みました。しかし、私たちの試みは失敗しました。私たちの遠隔のスキャナのうちの一人は、どんな支援も私たちに届くかもしれない前に敵船がまもなく私たちのコースを遮るだろうと報道しました。私は今回避計画を準備しています。

万一、船の状態が切迫しているようになれば、私はクロノスの技術が敵の手に落ちないよう自動破壊するシーケンスを実行する以外ありません。

艦長 マイケル・B・ウィーティン

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 132()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 11()は、実装されていません。