Atqueマニュアル

日本語版ダウンロードhttp://sourceforge.jp/projects/marathon/releases/?package_id=11789

概要

Atqueは、Marathonのシナリオファイルとイメージファイルの結合と分割を行うソフトです。分割時にファイルに含まれているファイルは、フォルダに展開され、結合するときはフォルダに入っているファイルをひとつのファイルに結合します。

マップフォルダには、レベルごとのフォルダと、リソースフォルダ、またオプションでLevel Select Names.txtが生成されます。マップフォルダは、レベルごと生成されます。このフォルダには、マージされた物理ファイル、携帯ファイルのパッチ、Lua、MMLスクリプトと、ターミナルテキストが含まれます。

Resourcesフォルダには、マップで使用するリソースファイル(snd、PICT、CLUT)が出力されます。これらのフォルダにには、リソースIDごとのリソースファイルが含まれています。

以下は例です。(Windows版ではデフォルトのフォルダ名が文字化けします) Split Map Folder

  • 00 Waterloo Waterpark
    • Waterloo Waterpark.sceA
    • Waterloo Waterpark.term.txt
  • 01 OK, Honeybunny
    • OK, Honeybunny.sceA
    • OK, Honeybunny.ShPa
    • Teleporters.lua
    • Fog.mml
  • 02 Poor Yorick
    • Poor Yorick.phyA
    • Poor Yorick.sceA
    • Poor Yorick.term.txt
  • Level Select Names.txt
  • Resources
  • CLUT
    • 01500.act
    • PICT
      • 01500.bmp
      • 01600.bmp
      • 01602.bmp
      • 10001.bmp
      • 10002.bmp
      • 10003.bmp
      • 10011.bmp
    • snd
      • 01500.wav
    • TEXT
      • 00128.txt

レベルデーター

レベル番号ごとにフォルダが生成され、ファイルが展開されます。このフォルダには、以下のレベルデーターが含まれています。拡張子は必ずここで指定されているものを使用してください。そうでないものは無視されます。

.sceA
各レベルには、.sceAファイルが最低限含まれている必要があります。これは、マップファイルで、ForgeやPhforge、Smithly、Weland?などで作成します。複数のレベルがすでに含まれている場合、Atqueでは、一番最初のレベルのみを読み込みます。
psyA
(オプション)埋め込み用の物理ファイルです。これは、Anvilや、PhysicsEditorOneで作成します。
.ShPa
(オプション)埋め込み用の形態ファイルのパッチです。384キロバイト以下である必要があります。これは、Anvil 1.0.3で作成できる形態パッチです。現在のところ、Anvilでしか作成できません。なお、ShPaという拡張子は、typoではありません。.shpAは、AlephOneのメインの形態ファイルの拡張子で使われています。
.lua
(オプション)レベルに埋め込むLuaスクリプトです。複数埋め込むことができます。複数存在する場合は、アルファベットの順に読み込まれます。(大文字小文字を区別しない)
.mml
(オプション)レベルに埋め込むMMLスクリプトです。複数埋め込むことができます。複数存在する場合は、アルファベットの順に読み込まれます。(大文字小文字を区別しない)
.term.txt
(オプション)このレベルのデコンパイルされたターミナルテキストです。Atqueでは、Forgeで用いる形式と同じ形式のターミナルテキストを読み込みます。詳細は、Forgeマニュアルを確認ください。なお、いくつかの拡張があります。
  • #PICTグルーピングでは、画像の位置が常にテキストの左でしたが、CENTERオプションを加えることで、中央に画像を表示させることができます。これは、全画面に画像を表示したい場合に使用します。中央に画像を表示したい場合は、テキストを含まないようにしてください。
    #PICT 10001 CENTER
  • AlephOneでは、#STATICグルーピングがサポートされています。これは、画面を維持する時間を指定します。単位はティックです。
    #STATIC 300

Level Select Names.txt

Level Select Names.txtは、AlephOneのマップセレクトメニューのレベル名と、オーバーヘッドマップに表示されるマップ名を違うものにしたいときに使用します。It also allows naming resources, sort of like ResEdit allowed resource names for old Marathon files. One difference, if several resources share the same ID, only one name can be used.

Level Select Names.txtは、行単位で以下のフォーマットで記入します:

<レベル、もしくはリソースID> <名前>

以下はサンプルのLevel Select Names.txtです。これで、ヴィドマスターのレベルセレクト画面や、ネットゲームのダイアログで表示されるレベル名で、[XS]がHoneybunnyの前に表示されます。また、also clarifies the purpose of TEXT resource 128.

1 [XS] OK, Honeybunny
128 Level Script MML

リソース

The resources folder contains a folder for each type of resource stored in the map. Each resource file name must begin with the resource's ID. IDs below 128 will be ignored. For more information about which IDs are used for resources, consult the Forge manual

CLUT
Only necessary for chapter screens. The ID should match the ID of the 8-bit chapter screen PICT. Atque exports these as .act files, which are Photoshop color tables. GIMP can import .act files, but can not export them. Atque can import CLUTs from both .act and .bmp, so if you don't have Photoshop, you can use an 8-bit BMP instead.
PICT
Atque can import and export from/to .pct, .bmp, and .jpg. It does this by file extension, so make sure the files have the proper extensions. Atque will convert from PICT (Aleph One's internal format) to .bmp or .jpg for export when possible. There are some instances when this isn't possible:
  • The PICT looks like it has been altered by Cinemascope. In this case, if Atque were to export as BMP or JPEG, the Cinemascope hack would be lost when re-importing. Convert the PICT to a JPEG or BMP manually, and change the terminal file to center the PICT, which gives a full width picture without using Cinemascope.
  • The PICT contains a banded JPEG. Atque isn't able to combine banded JPEGs together, so use a tool like GraphicConverter or ImageMagick to convert the PICT to a JPEG.
  • The PICT is too complicated, or contains old QuickDraw opcodes. In this case, you will have to convert the PICT to a BMP or JPEG using QuickTime.
    Atque can always export pictures as BMP or JPEG that were imported from BMP or JPEG when the map file was created.
snd
The actual resource type has a space in it, 'snd ', but the folder does not. Atque exports sounds to WAV, but can import from AIFF or WAV.
TEXT
TEXT resources contain Lua or MML to embed.