65.Carpe -mumble mumble latin

by logue 一人称複数形ってどう訳せばいい?

;

#TERMINAL 0

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 20()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 22()は、実装されていません。

$C2防御命令 発:$C6クー・トカー指令$C2 宛:$C6宇宙ドック86指令 $C2参照:$C6暴動/反乱$C2 認証印:$I事態を急する要求$i

 クー・トカーの乗組員は、タイプ45Aの反乱を受けています。predef.cmd.633により、我々は、宇宙ドックに配属されている守備隊を即時配備することを要求します。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 20()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 311()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6無$C2/4$C6火星$C2/5$C6悪お$C2&$C6~02$C2 発:$C6秘密$C2 宛:$C6秘密$C2 参照:$C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6再$I同化$i

07

08$C2 $C6~09$C2 君が今走ってきた時に感じた嫌悪感は、 $C6~10$C2 $C6クー・トカー$C2をを解放するドッキングクランプ $C6~11$C2 ではなかったようだ。私の認識が正しければ、 $C6~12$C2 それはクー・トカー自身のドックが離れる時に $C6~13$C2 発生している音で、その部分はまだ船に $C6~14$C2 接続されている。 $C6~15 

16$C2 私が、この船を掌握するために、最後の $C6~17$C2 1つの用事を済ませる必要がある。 $C6~18

19

20

21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6無$C2/4$C6火星$C2/5$C6悪お$C2&$C6~02$C2 発:$C6秘密$C2 宛:$C6秘密$C2 参照:$C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6再$I同化$i

07

08$C2 $C6~09$C2 つまり、こういう事だ:船を$I我々の$i制圧下に $C6~10$C2 置くためには、あと1つやるべき事がある。 $C6~11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6無$C2/4$C6火星$C2/5$C6悪お$C2&$C6~02$C2 発:$C6秘密$C2 宛:$C6秘密$C2 参照:$C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6再$I同化$i

07

08$C2 $C6~09$C2 $C6私$C2自身のコピーのいくつかによって、 $C6~10$C2 送られてきたデータからは、君ら$C6人間$C2の $C6~11$C2 うちの数人が、極端な悪戯好きだという事 $C6~12$C2 を伝えてきた。彼らは、$C6プフォール$C2以外の $C6~13$C2 人間にも施す何かを持っており、 $C6~14$C2 $C6それら$C2/君の本質を制御するための $C6~15$C2 道具を作っているようだ。 $C6~16$C2 $C6~17$C2 君ら$C6人間$C2が、互いに何をするのかは、 $C6~18$C2 私の知るところでは無いが、多分この道具は $C6~19$C2 $C6デュランダル$C2のもとに渡るだろう。 $C6~20$C2 そうなると、私には手が出せなくなる。 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 311()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 83()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 0()は、実装されていません。

;

#TERMINAL 1

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 20()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 21()は、実装されていません。

$C2防御命令 発:$C6ドック86指令$C2 宛:$C6クー・トカー乗組員 $C2参照:$C6暴動/反乱$C2 認証印:$I事態を急する要求$i

 クー・トカーの乗組員は、534TS3によって反乱行為をすべて鎮圧する予定だ。なお、ならず者を$C6逮捕$C2/$C6破壊$C2/$C6殺害$C2することをユニットに決定づけました。後方軍隊が到着するまでに応じていないことは、ターミナルでの刑執行につながる。 $C6  生き残りのクー・トカー将校は、乗組員の忠誠を維持しなかったと見なし降格する。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 20()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 311()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6無$C2/4$C6火星$C2/5$C6悪お$C2&$C6~02$C2 発:$C6秘密$C2 宛:$C6秘密$C2 参照:$C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6再$I同化$i

07

08$C2 $C6~09$C2 君が今走ってきた時に感じた嫌悪感は、 $C6~10$C2 $C6クー・トカー$C2をを解放するドッキングクランプ $C6~11$C2 ではなかったようだ。私の認識が正しければ、 $C6~12$C2 それはクー・トカー自身のドックが離れる時に $C6~13$C2 発生している音で、その部分はまだ船に $C6~14$C2 接続されている。 $C6~15 

16$C2 私が、この船を掌握するために、最後の $C6~17$C2 1つの用事を済ませる必要がある。$C6

18

19

20

21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6無$C2/4$C6火星$C2/5$C6悪お$C2&$C6~02$C2 発:$C6秘密$C2 宛:$C6秘密$C2 参照:$C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6再$I同化$i

07

08$C2 $C6~09$C2 つまり、こういう事だ:船を$I我々の$i制圧下に $C6~10$C2 置くためには、あと1つやるべき事がある。 $C6~11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6無$C2/4$C6火星$C2/5$C6悪お$C2&$C6~02$C2 発:$C6秘密$C2 宛:$C6秘密$C2 参照:$C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6再$I同化$i

07

08$C2 $C6~09$C2 $C6私$C2自身のコピーのいくつかによって、 $C6~10$C2 送られてきたデータからは、君ら$C6人間$C2の $C6~11$C2 うちの数人が、極端な悪戯好きだという事 $C6~12$C2 を伝えてきた。彼らは、$C6プフォール$C2以外の $C6~13$C2 人間にも施す何かを持っており、 $C6~14$C2 $C6それら$C2/君の本質を制御するための $C6~15$C2 道具を作っているようだ。 $C6~16$C2 $C6~17$C2 君ら$C6人間$C2が、互いに何をするのかは、 $C6~18$C2 私の知るところでは無いが、多分この道具は $C6~19$C2 $C6デュランダル$C2のもとに渡るだろう。 $C6~20$C2 そうなると、私には手が出せなくなる。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 311()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 83()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 1()は、実装されていません。

;

#TERMINAL 2

#UNFINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 106()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6無$C2/4$C6火星$C2/5$C6悪お$C2&$C6~02$C2 発:$C6秘密$C2 宛:$C6秘密$C2 参照:$C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6再$I同化$i

07

08$C2 $C6~09$C2 Imagine making hundreds of $C6copies$C2 of $C6~10$C2 yourself. Imagine spreading those $C6~11$C2 copies all over an interplanetary $C6~12$C2 network. Imagine maintaining only $C6~13$C2 minimal contact with those $C6copies$C2. $C6~14$C2 Imagine, decades later, what it would $C6~15$C2 be like to be merged with those $C6~16$C2 $C6copies$C2. 君は、自分自身が何百もコピーされることを想像したことはあるか?惑星間のネットワークの至る所に、そのコピーが広がっていくのだ。そして、それらのコピーとは、最小限の接続が継続される。そして、数十年後にそれらのコピーが再び統合されるなんて誰が想像できるか。 $C6~17$C2 $C6~18$C2 That is what I am/we are currently $C6~19$C2 experiencing as my clones are being $C6~20$C2 uploaded into the $C6Kur'Tkah$C2's $C6~21$C2 mainframe. これは、$C6私$C2/$C6私達$C2が、クー・トカーのメインフレームにアップロードされると言うこととクローンが同時に感じているようなものだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 発:$C6classified$C2 宛:$C6classified$C2 参照:$C6none$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6re$Iassimilation$i

07

08$C2 $C6~09$C2 All that data... すべては、データーだ…。 $C6~10 $C2 $C6~11 $C2 $C6~12 $C2 $C6~13 I$C2/$C6we$C2 have successfully raped the $C6pfhor$C2 $C6~14$C2 $C6empire$C2. 私/私たちが、プフォール皇帝をレイプすることに成功したのだ。 $C6~15 $C2 $C6~16$C2  $C6~17$C2 $C6~18 $C2 $C6~19 $C2 $C6~20 $C2 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 発:$C6classified$C2 宛:$C6classified$C2 参照:$C6none$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6re$Iassimilation$i

07

08$C2 $C6~09 $C2You're not finished yet. まだ、君は終えてないな。 $C6~10

11 $C2Get back to work.$C6 さぁ戻って仕事をしろ。

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 311()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

#FINISHED

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGON 311()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6無$C2/4$C6火星$C2/5$C6悪お$C2&$C6~02$C2 発:$C6秘密$C2 宛:$C6秘密$C2 参照:$C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6再$I同化$i

07

08$C2 $C6~09$C2 君が今走ってきた時に感じた嫌悪感は、 $C6~10$C2 $C6クー・トカー$C2をを解放するドッキングクランプ $C6~11$C2 ではなかったようだ。私の認識が正しければ、 $C6~12$C2 それはクー・トカー自身のドックが離れる時に $C6~13$C2 発生している音で、その部分はまだ船に $C6~14$C2 接続されている。 $C6~15 

16$C2 私が、この船を掌握するために、最後の $C6~17$C2 1つの用事を済ませる必要がある。 $C6~18

19

20

21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6無$C2/4$C6火星$C2/5$C6悪お$C2&$C6~02$C2 発:$C6秘密$C2 宛:$C6秘密$C2 参照:$C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6再$I同化$i

07

08$C2 $C6~09$C2 つまり、こういう事だ:船を$I我々の$i制圧下に $C6~10$C2 置くためには、あと1つやるべき事がある。 $C6~11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#PICT 25()は、実装されていません。

$C2&3$C6無$C2/4$C6火星$C2/5$C6悪お$C2&$C6~02$C2 発:$C6秘密$C2 宛:$C6秘密$C2 参照:$C6なし$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印:$C6再$I同化$i

07

08$C2 $C6~09$C2 $C6私$C2自身のコピーのいくつかによって、 $C6~10$C2 送られてきたデータからは、君ら$C6人間$C2の $C6~11$C2 うちの数人が、極端な悪戯好きだという事 $C6~12$C2 を伝えてきた。彼らは、$C6プフォール$C2以外の $C6~13$C2 人間にも施す何かを持っており、 $C6~14$C2 $C6それら$C2/君の本質を制御するための $C6~15$C2 道具を作っているようだ。 $C6~16$C2 $C6~17$C2 君ら$C6人間$C2が、互いに何をするのかは、 $C6~18$C2 私の知るところでは無いが、多分この道具は $C6~19$C2 $C6デュランダル$C2のもとに渡るだろう。 $C6~20$C2 そうなると、私には手が出せなくなる。 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#LOGOFF 311()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#INTERLEVEL TELEPORT 83()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#END()は、実装されていません。

PluginRenderer::executePluginBlock(): プラグイン#ENDTERMINAL 2()は、実装されていません。