14.Molten Dihydrogen Oxide 融解1酸化2水素

TERMINAL 0

#UNFINISHED

$C34354722

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 1() is not implemented.

 トルファーラル炭坑場はかつてはプフォールの母星ではほこりであり喜びであった。君が回りに見る設備はその氷山の一角でしかない。地下数千キロに広がる炭坑場はあまりに深すぎて特別製の耐圧防護服を着る必要すらあった。

;hogepiyo T'pha'ral じゃないのかぁ

 不幸なことに官僚の野望によって科学技術者や熟練工を駆り出し、炭坑の大部分が安全性の問題という提唱によって閉鎖された。実際幾人もの炭坑労働者が死んだのだ。

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 1() is not implemented.

 このことがすべてキャロウェイにとって良いニュースでも、UESC兵員が彼のもとへたどり着けるかどうかの状況にプラスになるわけでもない…。炭坑という危険なエリアがプフォールによるものよりも多くのUESC兵員の命を奪うだろう。

$C34354722

#FINISHED

$C334987qi

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 1() is not implemented.

 よくやった。 UESCはすでに経験のある数人の海兵隊がテレポートしており、ベイのドアを開きに行っている。 この救助チームはキャロウェイ大佐のいるであろうエリアへとさらに深く潜っている。そして彼を捕捉している番兵プフォールたちを討伐するために。

 私は君のテレポートシグナルをチームのそれに乗っけた。君は彼らの炭坑の探索を助け、大佐を探し出すのだ。

$C334987qi

TERMINAL 1

#UNFINISHED

$C3iluyp9 8984

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 1() is not implemented.

This is the control terminal for the south blast door. Unfortunately, $C3Tycho$C0 had the forethought to disable any kind of manual operation of the door, and it's unlikely that we'll be able to open it via this terminal. ここは南部の発破ドアをコントロールする端末だ。困ったことに$C3ティコ$C0はドアの手動制御がすべてだめになることを予見していた。それによって、我々はこのターミナルを経由してドアをコントロールすることができないようだ。

私が集積したこの施設の構造設計図について言えば、南部の発破ドアは簡単な電気系統で制御されている。このターミナルの右にある回路を破壊することで奴らの電気制御が中断され、重力だけが残ってドアを動かすだろう。

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 1() is not implemented.

注意すべきは隣接する電力送電管を破壊することでこのターミナルは使えなくなる。同様に近辺のいくつかある他のターミナルやパターンバッファも使えなくなるだろう。そうなったら私が君をトランスポートできるターミナルを探してもらうことになる。

$C3iluyp9 8984

#FINISHED

$C37860==&/&)

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 1() is not implemented.

*TERMINAL0 FINISHEDに同じ

$C37860==&/&) ;

TERMINAL 2

#UNFINISHED

$C2<ilus98>

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 25() is not implemented.

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 発信元: $C6機密$C2 送信先: $C6機密$C2 参照 : $C6対象$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印: $C6見失った

07

08

09 $C2君と君の人間友達はここにいる $C6~10$C2 大佐を見つけられないだろうなあ。 $C6~11$C2 彼は10000フィートも下のところにいるよ。 $C6~12$C2 $C6~13$C2 まあ、気にするな。近いうち君に彼の姿を $C6~14$C2 見せてあげようじゃないか。 $C6~15$C2 $C6~16$C2 $C6~17$C2 $C6~18$C2 $C6~19$C2 $C6~20$C2 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 25() is not implemented.

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 発信元: $C6機密$C2 送信先: $C6機密$C2 参照 : $C6対象$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印: $C6見失った

07

08

09 $C2君と君の人間友達はここにいる $C6~10$C2 大佐を見つけられないだろうなあ。 $C6~11$C2 彼は10000フィートも下のところにいるよ。 $C6~12$C2 $C6~13$C2 ならば、もう一度、君と私はちょっとした $C6~14$C2 $C6$I重要な$C2$i取引の相談をしようじゃないか。 $C6~15$C2 $C6~16$C2 $C6~17$C2 $C6~18$C2 $C6~19$C2 $C6~20$C2 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 25() is not implemented.

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 発信元: $C6機密$C2 送信先: $C6機密$C2 参照 : $C6対象$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印: $C6見失った

07

08

09 $C2君と君の人間友達はここにいる $C6~10$C2 大佐を見つけられないだろうなあ。 $C6~11$C2 彼は10000フィートも下のところにいるよ。 $C6~12$C2 $C6~13$C2 $C6~14$C2 $C6$I $i~15$C2 オレがこんなことを言うなんて不思議かい? $C6~16$C2 $C6~17$C2 $C6~18$C2 $C6~19$C2 $C6~20$C2 $C6~21

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 25() is not implemented.

$C2&3$C6nil$C2/4$C6mars$C2/5$C6illio$C2&$C6~02$C2 発信元: $C6機密$C2 送信先: $C6機密$C2 参照 : $C6対象$C2 $C67D2A601E34F2755AC00D43$C2 認証印: $C6見失った

07

08

09 $C2You and your human friends won't find $C6~10$C2 the good Admiral here, he's ten $C6~11$C2 thousand feet under, so to speak. $C6~12$C2 $C6~13$C2 $C6~14$C2 $C6$I $i~15$C2 よろしい。 $C6~16$C2 $C6~17$C2 $C6~18$C2 $C6~19$C2 $C6~20$C2 $C6~21 $C2<ilus98> ;

TERMINAL 3

$C2-・ $C6- 6g%ut - $C2・-

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 21() is not implemented.

$C2技術者による鉱山メインシャフトの安定性についてのレポート 発信元: $C6戦闘時捕虜転送議会$C2 destin: $C6Engineering Officer Fourth Class 送信先: $C6技術部長第四クラス $C2参照 : 捕虜の使い道$C2 認証印: $I勅令$i

一通り行った議論で乗組員の士気を保持する意見が再提出された。しかし、議論では部隊の再構成は(認可印: $I不正である$iとして)拒否された。その決定は限定された捕虜の衰弱、あるいは危害を与えることの過大評価された重要性に基づいている。

全体の議論で行われたものは公的に義務的な決定権に委ねられる。

$C2-・ $C6- 6g%ut - $C2・-

haujb>

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 1() is not implemented.

*TERMINAL0 FINISHEDに同じ

haujb>

TERMINAL 4

$C2<78y $C6uiY$C2&uh>

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 22() is not implemented.

$C2技術者による鉱山メインシャフトの安定性についてのレポート 発信元: $C6戦闘時捕虜転送議会$C2 destin: $C6Engineering Officer Fourth Class 送信先: $C6技術部長第四クラス $C2参照 : 捕虜の使い道$C2 認証印: $I不正$i

先の議論で提起された問題に対する確実な状況報告の求めへの返答では、技術部長第四クラスは鉱山南部のウイングシャフトの再構成についての正式な要求($C6嘆願?$C2)を承認した。前述された再構成によって、存在する教義に基づき、現在稼動中の~(902.1)セクターが閉鎖される予定です。技術者はより多くの個人的な注意書きを提出しており、そこでは再構成は南部のウイングに過負荷が長くかかり、そのため健康の危機が鉱山作業員の倫理を現在特に混乱させています。 $C2<78y $C6uiY$C2&uh>

$C3iojo 9u3 kj$C0>

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 1() is not implemented.

*TERMINAL0 FINISHEDに同じ

$C3iojo 9u3 kj$C0> ;

TERMINAL 5

$C6--jhb ui/u3--

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 21() is not implemented.

$C2勅令喚起 発信元: $C6鉱山内大気調整に関する評議会$C2 送信先: $C6緊急調査部隊$C2 ref: $C6prison usage$C2 stamp: $Idefense$i

$C6stamp: $Idirective$i issued by atmospheric disturbance response council a30x-B.020401$C2 $C6 $C2 Regarding feasability of human resistance ($C6?invasion$C2), council notifies all posted units of security-level upgrade to universal alert$C6 $C2status. Council continues to reaffirm previous position detailed in stamp: $Iunfeasable$i. Justification for modification ($C6?alteration$C2) of said policy will be disclosed to all units of clearance Hf'rah and above in forthcoming documents under stamp: $Imorale$i. 人間どもの抵抗($C6侵略?$C2)の実現可能性を鑑み、評議会は派遣しているユニットのセキュリティレベルを上げ、全域に警告という$C6$C2状態$C6を発布した。$C2評議会は引き続き以前示した立場、すなわち$I抵抗は実現不可$iという認可を行うことを主張する。 既に述べられた政策として調整($C6警告?$C2)するための決断はフラーの除去を行う全てのユニットに知られるべきではない。また、まさに今来つつある指令書には次のような認可印が押されているだろう。 $Iモラル$iという認可印が。 $C6--jhb ui/u3-- $C3- at -

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #PICT 1() is not implemented.

*TERMINAL0 FINISHEDに同じ

$C3- at -