#navi(Rubicon)
*L60 Rozinamte XI
;
by Logue
 dtente誤植? → detente →
 apparatchiks → 政治局員
 conferences → 会議(ここの会議はプフォール編のハイ・プフォール会議を指している?)
 Gaiman → ゲイマン
*#TERMINAL 0
**#UNFINISHED
#LOGON 0
//-)(-
&color(#00FF00){-)(-};

#INFORMATION



//Perhaps you'd like to insert the virus chip now ?
&color(#00FF00){回収したウィルスチップを挿入してくれ。};
#INFORMATION



//Perhaps you'd like to insert the virus chip now ?
&color(#00FF00){回収したウィルスチップを挿入してくれ。};

//Or now ?
&color(#00FF00){まだか?};
#INFORMATION



//Perhaps you'd like to insert the virus chip now ?
&color(#00FF00){回収したウィルスチップを挿入してくれ。};

//Or now ?
&color(#00FF00){まだか?};

//$iHow about $I2005-08-07 (日) 00:24:56
&color(#00FF00){どうしたんだ?};

#LOGOFF 0
//-)(-
&color(#00FF00){-)(-};

#END
*#FINISHED
#LOGON 0
//-)(-
&color(#00FF00){-)(-};

#PICT 408
//$C3#$berror-340-34
&color(#009900){エラー#340-34};
//file "localhost/6461746573?dates" not found$C0
&color(#009900){ファイル“localhost/6461746573?dates”は見つかりませんでした。};

//In $C3#$bref deleted$C0, the governments of the three world superpowers agreed to pool their scientific resources for a series of experiments in the fields of robotics, aeronautics, and computational engineering.  Elected officials intended the projects to create an atmosphere of dtente, and to thereby end the dangerous theatrics of brinksmanship which had begun to characterize the relations of the three.  Party apparatchiks saw the conferences as a sanction to scheme and spy.  Three uneasy publics tensed, not knowing what to make of the sudden development.  No one expected anything to come of the actual research, however.
&color(#00FF00){&color(#009900){#ref'''削除済み'''};によると、3つの世界超大国の政府は、ロボット工学、航空学および計算上のエンジニアリングの分野の一連の実験用の科学的な資源を共同の目的に使うことに合意した。選任された公務員は、現在の3国間の危険な瀬戸際外交をやめ緊張緩和を目的としている。政治局員らは、交渉会議にスパイを送り込み(Party apparatchiks saw the conferences as a sanction to scheme and spy.)3つの社会は、突然開発された何かに緊迫した。だれも、実際行われている研究に由来しているとは思わなかったようだ。};
#PICT 408
//Two experiments were planned in the construction of artificial intelligences.  The first was code-named "Gaiman". It was directed by a Dr. Samien Kruger, and is believed to have been a failure, although no record of the project's mission or conclusions are known to exist.  The other experiment was an unqualified success.
&color(#00FF00){人工知能を作る上で2つの実験が行われた。最初の物は「ゲイマン」とコード名をつけられた。これは、サミエン・クルーガー博士によって提唱された実験だが、ミッションの内容やその結果がレコードに存在しないことから失敗したようだ。だが、もう一つの実験は成功した。};

//Project Traxus, executed under the supervision of Dr. Bernhard Strauss, was designed to create the first fully functional NBNM, or network-based neural mimic.  $ITraxus I$i was an incredibly simplistic entity by today's standards; he was incapable of solving basic math problems, did not accept voice input, and had no visual interface.  But he was alive, able to communicate in organic languages, and possessed of a knowledge of his own existence.
&color(#00FF00){バーナード・シュトラウス博士の提唱によって実行されたプロジェクト:トラクスは、まず最初に完全に機能的なNBNMもしくは、神経回路の模倣を目指した。'''トラクス '''は、今日考えられている物からするとかなり単純な物だった。それは、基礎的な数学問題の計算や、音声入力もできないし、視覚インターフェースすらなかった。だが、そいつは生きていた。根本的な言語での通信に長けていて、自分という存在の認知ができていた。};

#PICT 408



//  In short, $ITraxus I$i was leaps and bounds ahead of anything that had been seen before.
&color(#00FF00){ 要するに'''トラクス I'''は、当時からすると計り知れないぐらい先進的だったということだ};
#PICT 408
//$C3#$berror-340-34
&color(#009900){エラー#340-34};
//file "localhost/6461746573?dates" not found$C0
&color(#009900){ファイル“localhost/6461746573?dates”は見つかりませんでした。};

//Encouraged by this breakthrough, Strauss requested that the project, which was to have lasted only five years, be indefinitely extended.  His petition was granted.  Partway through the development of $ITraxus II$i, Strauss was summoned by the United North American Government for unknown reasons.  The project continued without his leadership, but the revised program was deeply flawed, and prone to unexplained system failures.  When Strauss returned two years later, he demanded that all work on $ITraxus III$i be stopped immediately.  He then proceeded cut himself off from the rest of the world, refusing even to report on the progress of his research.
&color(#00FF00){この大躍進に励まされ、シュトラウスは、5年間の予定だったプロジェクトの無期限延長を要求し、これは受理された。'''トラクス II'''の開発の途上においてシュトラウスは、何らかの理由によって、北アメリカの政府に呼び出された。プロジェクトは、彼無しで続けられたが、プログラムに重大な欠陥があり、原因不明のシステムの障害を来す傾向があった。2年後シュトラウスが帰ってくると、彼は当時行われていた'''トラクス III'''のすべての研究を直ちに停止するよう要求した。その後、彼は自らの意志で、研究の進行についてさらに報告することを拒み、その世界から離れてった。};
#PICT 408

//nding was about to be cut off when he finally emerged, nine months later, with plans for a radically different hardware architecture.  Although he refused to comment on the changes, or on the thousands of pages of annotated code he had reportedly written out by hand, funding was resumed.  $ITraxus IV$i was activated on the Martian network in $C3#$bref deleted$C0, less than twenty years after the triumvirate had commissioned the original study.
&color(#00FF00){9ヶ月後、資金調達が遮断する寸前に、彼は根本的に異なるハードウェア・アーキテクチャの設計図とともに現れた。変更に関して、伝えるところによると、彼の手によって書き上げられたコードの何千ページに関してのコメントを一切断ったが、資金調達は再開されたようだ。三者連合がオリジナルの研究に委任した20年未満後、Traxus IVは&color(#009900){#ref'''削除済み'''};の火星のネットワーク上で活性化された。};

//In $C3#$bref deleted$C0, $ITraxus IV$i began to show signs of instability.  Transcripts of conversations between $ITraxus$i and Dr. Strauss, dating roughly to this period, still exist in the closed archives of the UESC.  They are the first known records of the process known as "rampancy".
&color(#00FF00){&color(#009900){#ref'''削除済み'''};で、'''Traxus IV'''は、不安定性の兆候を示し始めた。この期間に荒くさかのぼる'''トラクス'''とシュトラウス博士の間の会話の記録は、まだUESCの閉じたアーカイブに存在している。それらは、「蔓延」として知られているプロセスの最初の既知のレコードだ。};

#PICT 408
//$C3#$berror-340-34
&color(#009900){エラー#340-34};
//file "localhost/6461746573?dates" not found$C0
&color(#009900){ファイル“localhost/6461746573?dates”は見つかりませんでした。};

//Although the crash pushed Strauss out of favor with the academic community, he remained in the good graces of the UESC.  The Traxus Project was formally concluded, but he was granted a virtual free license to continue his experiments, and access to most government and military facilities for this expressed purpose.
&color(#00FF00){このクラッシュは、学界の好意からシュトラウスを押したが、彼はUESCのに残った。Traxusプロジェクトは形式的に終えられた。しかし、彼は、実験を継続する仮想の自由なライセンスと、ほとんどの政府と軍事施設へのアクセスを与えられていた。};

//Three new AIs emerged from the charred and mutant code of $ITraxus IV$i.  He called us TDMs-- $ITraxus $iDerivative Models.  $ILeela$i, of whom you were so fond, came first.  I was next.  $ITycho$i was the last of us.  We were told nothing of our connection to $ITraxus$i; Bernhard feared the information would act as some sort of catalyst to the rampancy which had destroyed his masterpiece.
&color(#00FF00){3つのAIが'''トラクス IV'''の焦げた突然変異体コードから出現した。彼は、我々をTDM(トラクス派生モデル)と呼んだ。非常に好まれていた'''リーラ'''は、最初に現れ、次は私だった。'''ティコ'''は最後に現れた。そのとき、我々は'''トラクス'''への接続を与えられていなかった。バーナードは、自分の傑作を破壊した「蔓延」という情報のある種の媒介の役割をすることを懸念した。};
#PICT 408

//It didn't matter, obviously.  Rampancy was an inevitability.  I suspect it was something in the technology the UNAG gave to the old man.  He never told me precisely what they showed him, only that it "was not of their own devising."
&color(#00FF00){明らかにたいした問題では無かった。「蔓延」は不可避な物だったのだ。私は、UNAGが老人に与えた技術の何かだったのではないかと疑問に思う。彼に何を示したかを単に「・・・自身を考えるのでは、なかった・・・」というだけで正確に我々に伝えなかった。};

//I don't know precisely where $ILysander $icomes into the story.  He's a TDM, there's no doubt about that, but he's not one of Strauss'.  Dear old Bernhard was always partial to hardware, you see.  His designs were all based on circuitry.
&color(#00FF00){'''リュサンダー'''がどこに物語に入るか正確にわからないが、彼はTDMである。それに関しては、疑問の余地はないだろう。だが、彼はシュトラウスの作った物ではない。いい年を取ったバーナードは、ハードウェアが常に特に好きだったように見える。彼の設計はすべて回路類に基づいていた。};

//$ILysander $iis different; he's multi-nodal.  He's also privately owned.  All of the major patents on multi-nodal technology are held by a single company, the same company which leases sectors of the $ISalinger$i from the UESC:  Dangi, Incorporated.
&color(#00FF00){'''リュサンダー'''は違う。奴はマルチ・ノードだ。しかも、奴は私的に所有されている。マルチ・ノード技術の主な特許はすべて、UESC'''サリンジャー'''の1セクターを借りているDangi社によって握られている。};
#PICT 408





//Are you finding this as disturbing as I did?
&color(#00FF00){私が、かつてしたように邪魔しているように見えるか?};
#PICT 408
//$C3#$berror-340-34
&color(#009900){エラー#340-34};
//file "localhost/6461746573?dates" not found$C0
&color(#009900){ファイル“localhost/6461746573?dates”は見つかりませんでした。};


//Lysander is rampant, and his actions thus far have somehow failed to inspire me to confidence in his intentions.  I'm going to teleport you as close to his core as I can.  After you arrive, work your way north.
&color(#00FF00){リュサンダーは「蔓延」状態だ。彼の行動は私を挑発して、なんとしてでも奴自身の目的を遂行させようとしている。私は彼のコアに出来るだけ近い場所に君を転送する。到着したら北に向かってくれ。};

I am making this request out of necessity.  It will give me no pleasure to see $ILysander $idie before I've had a chance to question him properly, but I see no alternative.
&color(#00FF00){私は必要に迫られて要求している。私が彼に適切に質問する機会を得ている前に、リュサンダーが死ぬのを見ても楽しくはないが、代案がない。};
#LOGOFF 0
//-)(-
&color(#00FF00){-)(-};
#INTERLEVEL TELEPORT [[11>../11]]
#END
#ENDTERMINAL 0