*The Ascension factor 昇天要素
;
*#TERMINAL 0
#UNFINISHED
#LOGON 200
#PICT 204
$C5

//Kate had been coming to the lab less.  I asked her why, she wouldnユt say.  She was distant.  She no longer told me I was an idiot.  She no longer worked the way I worked.  She worked above me it seemed.  She watched me.  She made sure I did what I was supposed to do.
ケイトはラボにあまり来なくなった。私は彼女にそれを問いただしてみたが、彼女は喋ろうとしなかった。彼女との距離が遠く感じられた。彼女はもはや私がばか者だと言うことはなかった。彼女はもう私と同じ分野で働くことも無かった。彼女は私よりもクラスの高い分野で研究をしているようだった。彼女は私を見た。彼女は私が自分ですべきことだと思っていたことをしたのだと確信していたのだ。

//They say that the most frequent psychological disorder of amputees is  'phantom pains,' times in which the subject experiences sensation in parts of them which are no longer attached.  Kate became the surreal warmth in the heart they had removed from my body long ago.
人々(彼ら?)はもう触れることの無い分野のいくつかの項目のセンセーションで、切断手術を受けた患者が最も頻繁に起こす精神学的な病気は『魂の痛み』だと言っていた。ケイトは心の中で感じた超現実的と思えるほどの温かみだった。だがそれは私の体から彼らにずっと前に取り除かれてしまっていた。

//I was an amputee.  She was my phantom.
私はまるで手足の無い人間だ。彼女は私の魂のようなものだった。
#PICT 204
$C5

//It wasnユt the money that robbed her of her soul.  It wasnユt the technology either.  There were fat, bloated men rolling in money and decrepit, pathetic kids ensconced in technology, and neither were truly lost.  It was the combination.  You sell your body to the technology, and you sell your mind to the money.  When both are gone, thereユs no house for the soul, and the love of your life has turned into a woman with a gun to your throat.
彼女の魂を奪ったのはお金ではなかったし、技術でもなかった。感傷的な子供で技術の中で落ち着いていたのが、金銭を回している内に本当に道を踏み外してしまっていた。それは、ある意味団結だった。君は、技術に体を売り、心もお金に売った。そして、両方とも失ったときに魂の座はすでに無くなっていた。君の命への愛は喉に銃口を突きつけてきた女性に変わった。

//So there I stood, facing the end of my life and the only woman who had ever mattered to me.  Three men, one girl, four guns.  "Give us the formula," the middle one demanded.  The door behind me was swinging slowly closed, and the moment to act was now.
そう。そこで私は気づいた。かつて、私にとって大切だったただ一人の女性と対峙していた。そして、それは私の命の終わりだった。3人の男、1人の少女、4つの銃。中央の者は私に「私たちに形式を与える」と要求してきた。私の後ろのドアはゆっくり揺れながら閉じていった。動く時間はまだある。

#PICT 204
$C5

//Is that what being a hero is about?  Not courage, not compassion, not fighting, not triumph, but instead when you say, simply, "I will not be a party to this."  Not when you lock up your files nice and tight and coat the lab in C-4, not when you press the release, not when everything youユve ever done wrong is destroyed in an instant and the only weak link is your own mind.  Those things donユt make you a hero.  Itユs when the guns are trained on your stomach, chest, throat and face, and all you can say is, "I will not be a party to this."
救世主にでもなったつもりか?哀れみなくして、戦わずして、勝利せずして。しかし、私ならむしろこう言う「私は人形ではない」。C-4研究所で自分のファイルをロックする時ではない。解放を押しつける時ではない。かつて、間違ってやってしまったものが一瞬で破壊される時でもない。唯一の弱いつながりは私自身の心だ。君は救世主にはなれない。それは、向けられた銃が君の腹、喉元、顔に突きつけられた時だ。そして君は「私は人形ではない」と言う。
#LOGOFF 200
#END
#FINISHED
#LOGON 200
#PICT 210
#ref(Dream1.png)
// self willed the peril of a thousand fate
// a line of infinite ends finite finishing
// the one remains oblique and pure
// arching to the single point
// of a dreamworld
#LOGOFF 200
#INTERLEVEL TELEPORT 53
#END
#ENDTERMINAL 0