#navi(Rubicon)

*Hard Vacuum/困難な真空
;
by Logue
power vacuum:権力の空白
*#TERMINAL 0
**#UNFINISHED
#LOGON 419
#PICT 420
//$C5-------------------------------------------
//--1/2:begin_burst_historical_transmission--
//-------------------------------------------
&color(#CCCCCC){---------------------};
&color(#CCCCCC){--1/2:歴史_バースト転送_開始 --};
&color(#CCCCCC){---------------------};

//{period transfer}
//{entry begin}
&color(#CCCCCC){{区分転送}};
&color(#CCCCCC){{エントリ開始}};
//$C4

//$C1File Summary:
&color(#FFFFFF){ファイルの要約:};

//This historical transmission is intended to serve as an enclosure of supporting information to file #$biso-342107 $C5(caution: file referenced not found)$C1. It documents the important resultant political and social events following directly after the Human/Pfhor war.
&color(#FFFFFF){この歴史資料は、ファイルiso-342107(注意:参照したファイルは見つかりませんでした)の情報を補完する目的で作られました。ここでの情報には、人類/プフォール戦争の後に起きた政治的に重要な結果および、社会的事件を文章化したものです。};
#PICT 420
//$C5
//{begin file contents 1/2}$C4
&color(#CCCCCC){{ファイル内容1/2開始}};
$C1
//The pfhor capitulated soon after the Dangi Corporation's treason was revealed. When the invasion force finally landed around the high pfhor citadel, they found the slaver ranks in total disarray.  Order had collapsed when word of a human land assault reached the high council, striking the final blow to the sovereignty of the pfhor gentry.
&color(#FFFFFF){Dangi株式会社による反逆行為が、明るみになってまもなく、プフォール帝国は降伏しました。プフォール城塞の近く降りた侵攻軍が、そこで見たものは、無秩序に入り乱れていたプフォール達でした。人類からの本土決戦の通知がプフォール最高評議会に達したとき既に、プフォールの階級構造は破綻していたのです。こうして、プフォール帝国は崩壊していきました。};

//In the years that followed, client races and slaves rose up in rebellion against their former masters, creating a power vacuum that many aspiring ex slaves and ex pfhor military commanders tried to fill.  Over the next century, governments on the former pfhor  systems would rise and fall in a constant struggle for power.
&color(#FFFFFF){月日は流れ、彼らに使役されていた種族と奴隷達は、その主に対して反乱を起こしました。これは、多くの向上心のある元奴隷達や、プフォール軍司令官が塞ごうとした権力の空白期間をもたらすことになりました。今後数世紀にわたって、プフォールの社会は、内乱という権力闘争が続くでしょう。};

#PICT 420
//$C1


//Pfhor Prime itself was stripped of all installations and technologies that could conceivably be used to start a new empire.  All databanks were emptied, and the pfhor-controlled AIs were transported to UESC labs for study.
&color(#FFFFFF){プフォール最前線では、彼らが新しい帝国を再建する上で必要思われる装置や技術を全て取り上げられ、データーバンクは空にされました。その時、彼らが管理していたAIは、研究のためUESCの研究所に送られました。};






//$C5
//{entry endsegment}
//{period transfer_getnextEvent&}
&color(#CCCCCC){{エントリ終了}};
&color(#CCCCCC){{区分転送_次の出来事に続く}};

//-------------------------------------------
//---1/2:end_burst_historical_transmission---
//-------------------------------------------
&color(#CCCCCC){---------------------};
&color(#CCCCCC){--1/2:歴史_バースト転送_終了 --};
&color(#CCCCCC){---------------------};

#UNKNOWN SECTION TYPE 16 ID 1
#LOGOFF 419
#END
#ENDTERMINAL 0
;
*#TERMINAL 1
**#UNFINISHED
#LOGON 419
#PICT 420
//$C5-------------------------------------------
//--2/2:begin_burst_historical_transmission--
//-------------------------------------------
&color(#CCCCCC){---------------------};
&color(#CCCCCC){--2/2:歴史_バースト転送_開始 --};
&color(#CCCCCC){---------------------};
//{period transfer}
//{entry begin}
&color(#CCCCCC){{区分転送}};
&color(#CCCCCC){{エントリ開始}};

//$C1
//The researchers and directors of the Dangi Corporation were long gone by the time the UESC finally gained control of the Salinger, and UESC forces found the onboard computer databanks to be empty.  The only information left on the Salinger's mainframe was the location of Dangi's secret refuge planet, text that was prominently displayed on every functioning terminal in the station and echoed over the stationwide intercom.
&color(#FFFFFF){Dangi株式会社に所属していた研究者およびディレクター達は、UESCが最後にサリンジャーのコントロールを獲得した時まで、長く行方を眩まし、到着したUESC軍が、サリンジャー上のコンピューターに含まれていたデータバンクを確認すると、すでに中身は何者かに持ち去られていた後でした。サリンジャーのメインフレームに残されたただ一つの情報は、Dangiの避難先である秘密の惑星の位置だけで、ステーション上の機能している全ての内部通信用ターミナルで繰り返し表示されていました。};
#PICT 420
//$C1

//When UESC dropships landed on their refuge planet, the Dangi directors and managers were arrested after a brief battle with the remains of Dangi security. The ensuing trials were a spectacle that lasted nearly three years and enthralled viewers on all of the human worlds.  In the end, all of the Dangi executives were found guilty of treason and publicly executed.
&color(#FFFFFF){UESCの降下船が、彼らの避難惑星にたどり着いたとき、Dangiのディレクターやマネージャーらは、残りのDangiの警備兵と共に、小競り合いの後、全て逮捕されました。結果として起こった裁判は3年続き、人間世界の全ての傍観者を魅了しました。Dangi役員は、反逆の容疑で全て有罪と立証され、刑が執行されました。};

//While most of the Salinger's secrets were revealed over the course of the trials, a single mystery remained unsolved.  The Dangi virus researchers were absent from both the refugee planet and the station's decks during the UESC takeover.  No theory has since been able to convincingly explain their disappearance.
&color(#FFFFFF){サリンジャーの秘密事項の大部分は、裁判の間に明らかにされましたが、ただ一つの謎の謎が残りました。Dangiのウィルス研究者は、ステーションのデッキにも避難惑星にもいなかったのです。彼らはどこに消えたのか、理論的な裏付けを説明することはできません。};
#PICT 420
//$C1

//The end of the war removed the need for remote weapons testing facilities such as the Salinger, and the UESC eventually cut funding to the project.  The Salinger station was left intact and sealed off, an abandoned reminder of the great risk greed and corruption can pose to any civilized society.$C5
&color(#FFFFFF){戦争の終結は、サリンジャーのような遠隔武器試験施設の必要性を終わらせ、ついにUESCはプロジェクトへの資金提供をカットしました。サリンジャー・ステーションは手がつけられず、立ち入り禁止にされ、いかなる文明社会にも大きな危険性と貪欲を象徴するものとして存在していくでしょう。};




//{entry endsegment}
//{period transfer_end&}
&color(#CCCCCC){{エントリ終了}};
&color(#CCCCCC){{区分転送_完了}};

//-------------------------------------------
//---2/2:end_burst_historical_transmission---
//-------------------------------------------
&color(#CCCCCC){---------------------};
&color(#CCCCCC){--2/2:歴史_バースト転送_終了 --};
&color(#CCCCCC){---------------------};

#UNKNOWN SECTION TYPE 16 ID 2
#LOGOFF 419
#END
#ENDTERMINAL 1
;
*#TERMINAL 2
**#UNFINISHED
#LOGON 200
#PICT 208
//$C1

//Maybe fate likes fools.  Or maybe fools are the only ones smart enough to like fate.  Simple game theory dictated that they couldnユt fire on me.  I had the formula in my mind and theyユd have to tear it out one neuron at a time.  They would, so I ran.
&color(#FFFFFF){恐らく運命というものは道化が好きだ。いや、道化は運命が好きなほど、賢いただ一つの道化なのかもしれない。単純なゲーム理論は、私には発砲することができないと指示してくる。私は、心に信条というものを持っていた。その信条とは、一度に一つずつのニューロンを引き離さなければならない。それは起こる。だから私は走る。};

//Out the door, past the cameras, past the guards, and into the alleyway.  Living it all as though Iユve done it before, and as though it couldnユt have happened any other way.  Down into the sewer, back out onto the street, and running towards the horizon.
&color(#FFFFFF){ドアから飛び出て、カメラを過ぎて、ガードマンを越えて、路地にへいこう。あたかも、私が以前、それをしたことがあるかのように。そして、それがこれから起こることかのように。それを全て実践することで他の道へ行ける。下水道を下って、裏通りに飛び出し、地平線に向かって走っていこう。};
#PICT 208
//$C1

//The horizon never gets any closer.  You run and you run and the only thing you can think of after three days is the knife strapped to your shin.  And then itユs all you can do to keep yourself from reaching down in the split second of that insanity they call heroism, pulling out the knife and cutting your own legs off, knowing that if you donユt youユll keep on running.
&color(#FFFFFF){地平線が途切れることはない。君は走って走り続ける。3日後に、考えることができるただ一つのものは、すねに紐でくくられたナイフだけだ。その後、君がそれに手を伸ばし、一瞬精神錯乱し、ナイフを引き抜き、自分自身の足を切り裂く様な、英雄的行動を止めるためにできる全ての事だ。しなければ、君は走り続けることを知っていると言うことだ。};

//You canユt run away forever.
&color(#FFFFFF){君は、永遠から逃げることはできない。};
#LOGOFF 200
#INTERLEVEL TELEPORT 256
#END
#ENDTERMINAL 2