#navi(Rubicon)
*31.Cow Pushing
>Lutefiskとは、これのことらしい。by Logue
http://members.at.infoseek.co.jp/jirita/kurashi_norfood_lutefisk.htm
>うまそうですね by hogepiyo

**TERMINAL 0
//#UNFINISHED
//#LOGON 523
$C7cowpud#354
//#INFORMATION
$C3
//   $C7  Yeah, you knew this would be somewhere in here... ;)
   $C7  そうだね、君はここがある場所だと知ってるはずだ(´∀`)

$C4
//     $B"Lutefisk" ミ Cod in Lye/ Lutefisk ・la Chef de Lofoten
     $B"Lutefisk" ミ Cod in Lye/ Lutefisk ・la Chef de Lofoten
$C3$b
//stockfish 干物
//lutefisk (? luteは弦楽器のリュートだが
//Immerse 浸す
//plenty 大量の
//spine 背骨
//soaked びしょぬれ
//lye あく、灰汁
//caustic soda 苛性ソーダ
//birch カバの木
//ash 灰
//   $C7  One kilo of stockfish provides 3 kilos of "lutefisk". Immerse
//     the stockfish in plenty of cold water and leave to soak for 8
//     days, changing the water every day. Use round fish and remove
//     the spine when the fish has been sufficiently soaked. In my
//     opinion, whole, or round fish stays whiter than split-dried
//     fish.
//
//     Make lye from 30 litres of boiling water and 3 dessert spoonfuls
//     of caustic soda, or, 2 litres of birch ashes and 7 litres of
//     boiling water. Cool the lye and pour it over the fish. leave for
//     about 24-36 hours according to how "loose" a consistency you
//     require of the fish. The longer it soaks in lye, the "looser" it
//     becomes. Afterwards, leave the fish under cold, running water
//     for 1-2 days.
   $C7  1キロの干物は3キロの「lutefisk」になる。干物を
     大量の冷水に浸し、8日間漬け置く。水は毎日替える事。
     魚は開いたものを用いて、背骨を抜いてよく湿らしておく。
     私の意見としては、開いた、あるいはまるまる全部をバラバラ
     にして乾燥させるよりもそのままで清潔に置いたほうがいいと思う。

     30リットルの沸騰させた水からアクが出るように、
     デザート用スプーンで3杯の苛性ソーダを入れる。あるいは
     2リットルのカバの木を焼いてできた灰を入れ、
     7リットルの沸騰させた水を入れる。
     アクができたら冷やして先の魚にかける。その後
     あなたがどれだけ魚を「ゆるく」したいかに応じて
     24~36時間置く。アクに長時間晒すほど魚は「ゆるくなる」。
     出来上がったら冷たいところに魚を置き、1,2日ほど水を掛けよう。
//#INFORMATION
$C7

//     How to prepare "lutefisk":
//     If you are expecting big eaters, allow one kilo of fish per
//     person. Normally, 400-700 grams should be enough.
     「lutefisk」の準備:
     もしあなた方が大食漢なら一人当たり1キロの魚を用意しましょう。
     普通なら400から700グラムで十分です。

//rinsed ゆすぐ、洗う
//simmer 煮る
//     Boil plenty of water and add 1 large dessert spoonful of salt
//     per litre. When the water boils, add the thoroughly rinsed
//     pieces of fish. Remove the pan from the heat and allow the fish
//     to simmer ミ not boil ミ for 10-15 minutes.
     大量の水を沸騰させて、1リットルあたり大匙1杯の塩を入れます。
     水が沸騰したら、しっかり洗った魚の切り身を入れます。フライパンを
     火から離し、{沸騰させずに}10から15分煮ましょう。

//pease えんどう豆
//pudding プディング、プリン、ソーセージ、練り物
//     With "lutefisk", the Chef de Lofoten serves lightly salted bacon
//     and diced onions together with pease pudding and, of course,
//     boiled potatoes.
     「lutefisk」はチェフDEロフテンという店で塩を掛けたベーコンとスライスされたタマネギを
     合わせ、エンドウ豆のプディングと、もちろん吹かし芋を一緒にして出されます。

//     Another variation: Serve with pease pudding, melted bacon fat,
//     white sauce, mustard and bacon.
     他の組み合わせとしては、エンドウのプディングと溶けたベーコンの脂、
     ホワイトソース、マスターど、そしてベーコンと付け合わせるものもあります。

//swiped 強打する、辛らつな言葉
//     (unceremoniously swiped from "$C4Fra Lofotkokkens gryte$C7",$C3 $C4Orkana
//     Publishing$C7)$C3
     (日常の辛口評論。出展は「フランス料理ロフォトコッケンの料理」、$C3 $C4オルカナ
     出版から。$C7)$C3

//#LOGOFF 523
$C7*burp*
//#END
//#ENDTERMINAL 0

**#TERMINAL 1
//#UNFINISHED
//#LOGON 524
//$C545834 Reactor Core Row
$C545834 リークターコア
#PICT 525
$C1


//Schedule for the week of:$C5 4/12
$C5 4/12 $C1付近の週間スケジュール

//$C1Rochelle:$C5	X		12:00-6:00	X
//$C1Heather:$C5		10:30-3:00	X		X
//$C1Rachel:$C5		10:30-3:00	5:00-11:00	X
//$C1Sean:$C5 		X		12:00-6:00	3:00-11:00
//$C1Emma:$C5		2:30-11:00	5:00-11:00	3:00-11:00
//$C1Brian:$C5		2:30-11:00	X		X

$C1ロッシェル:$C5	X		12:00-6:00	X
$C1ヒーサー:$C5		10:30-3:00	X		X
$C1レイチェル:$C5		10:30-3:00	5:00-11:00	X
$C1シーン:$C5 		X		12:00-6:00	3:00-11:00
$C1エマ:$C5		2:30-11:00	5:00-11:00	3:00-11:00
$C1ブライアン:$C5		2:30-11:00	X		X
#PICT 525
$C5

//$C1There will be NO schedule changes without the permission of the MOD on shift$C5
$C1これからはMODのシフトの許しが出なければ変更はないだろう。$C5

//$C1Sean$C5 & $C1Emma:$C5 if either of you miss another shift without calling in again, you will be fired
$C1シーン$C5と$C1エマ:$C5 もし君らのどちらかがもう一度呼んでも出てこなかったらしたら解雇するのでそのつもりで。
//$C1Brian:$C5 We found your bow tie in the fry grease- a new one is on the managers desk waiting for you.
$C1ブライアン:$C5 我々は君のネクタイがてんぷら油の中に落ちていたのを見つけたが…新しいのがマネージャーの机にある。
//$C1Rochelle:$C5 No more giving free food to your boyfriend
$C1ロッシェル:$C5 君のボーイフレンドにやるような余分な商品はもうないぞ

//That is all
以上だ。
#PICT 525
$C5
//It's been a great summer guys, hope to see you all next year. Those wishing to continue onto a full service $C1Ruby's$C5 for the rest of the year talk to Art or myself.
夏によく似合う男たちが君に来年も会えるよう願っている。彼らの願いは$C1ルビー$C5のサービスが残りの期間続けるために、アート、あるいは私自身に語りかけてきた。
;さっぱりです by hogepiyo

;		Lots of Love,
          愛を込めて。
//		$C1	Linda,
		$C1	リンダと、
//				Art,
				アート、
//					$C5& $C1Carolynn$C5
					$C5& そして$C1キャロライン$C5へ

//$C1Ruby's Diner$C5 is an equal opportunity employer and it's purpose is to wow each guest with an experience right out of the 2050s.
$C1Ruby's Diner$C5は機会均等雇用者である、そして、目的は2050年代の率直に経験のある各々の客をわかせることであることである。
; ???
#LOGOFF 524
$C11-(7865)-4573-908723$C5
For schedule changes ONLY
//#END
//#ENDTERMINAL 1

**TERMINAL 2
//#UNFINISHED
//#LOGON 509
$C1malted goat fat$C0
#PICT 527
$C1


//Cracking an international market is a goal of most growing corporations.  It shouldn't be that hard, yet even the big multi-nationals run into trouble because of language and cultural differences.  For example...
国際市場をチェックすることは企業が成長することの目的である。それは難しいものであるべきであり、むしろ言語や文化の違いにより複雑で、多様で問題が多いほどよい。たとえば、


$C5
 
// $C1Scandinavian$C5 vacuum manufacturer $C1Electrolux$C5 used the following in an American ad campaign:  $C1"Nothing sucks like an Electrolux."$C5
スカンジナビアの掃除機メーカー・エレクトロラックスは、アメリカの広告キャンペーンで以下を使った:「何ものもエレクトロラックスのようには吸わない。」

#PICT 527
$C5
// The name $C1Coca-Cola$C5 in $C1China$C5 was first rendered as $C1Ke-kou-ke-la$C5. Unfortunately, the Coke company did not discover until after thousands of signs had been printed that the phrase means $C1"bite the wax tadpole"$C5 or $C1"female horse stuffed with wax"$C5 depending on the dialect.  Coke then researched 40,000 Chinese characters and found a close phonetic equivalent, $C1"ko-kou-ko-le,"$C5 which can be loosely translated as $C1"happiness in the mouth."$C5
$C1中国$C5で名前$C1コカ・コーラ$C5は、最初に$C1Ke-kou-ke-la$C5と翻訳された。残念なことに、後にフレーズが方言次第で$C1「ワックス・オタマジャクシを噛む」$C5、あるいは、$C1「ワックスを詰め込まれる雌の馬」$C5を意味するということを何千もの標示が印刷されるまで、コーク会社は発見しなかった。コークはそれから40,000の漢字を調査して、近い音声相当語句($C1「ko-kou-ko-le」$C5)を見つけた。そして、それは$C1「口の中の幸せ」$C5としてゆるく翻訳されることができる。

 
// In $C1Taiwan$C5, the translation of the $C1Pepsi$C5 slogan $C1"Come alive with the Pepsi Generation"$C5 came out as $C1"Pepsi will bring your ancestors back from the dead."$C5
台湾で、ペプシ・スローガンの翻訳$C1"Come alive with the Pepsi Generation"$C5が「ペプシはあなたの先祖を死者から引き戻すだろう。」として出た。
 
// Also in $C1Chinese$C5, the $C1Kentucky Fried Chicken$C5 slogan $C1"finger-lickin' good"$C5 came out as $C1"eat your fingers off."$C5
また、$C1中国語$C5での$C1ケンタッキー・フライド・チキン$C5スローガン$C1"finger-lickin' good"$C5が、「あなたの指を食いちぎりなさい。」として出た。$C5

#PICT 527
$C5
// The $C1American$C5 slogan for $C1Salem cigarettes$C5, $C1"Salem - Feeling Free,"$C5 got translated in the $C1Japanese$C5 market into $C1"When smoking Salem, you feel so refreshed that your mind seems to be free and empty."$C5
$C1セイラム・タバコ$C5のアメリカのスローガン$C1("Salem - Feeling Free")$C5は、$C1日本の市場では$C1"When smoking Salem, you feel so refreshed that your mind seems to be free and empty"$C5に表された。
;翻訳を知っている人がいたらよろしく
 
// When $C1General Motors$C5 introduced the $C1Chevy Nova$C5 in $C1South America$C5, it was apparently unaware that $C1"no va"$C5 means $C1"it won't go."$C5 After the company figured out why it wasn't selling any cars, it renamed the car in its $C1Spanish$C5 markets to the $C1Caribe$C5.
$C1ゼネラル・モーターズ$C5が$C1シボレー・ノヴァ$C5を$C1南アメリカ$C5に伝えたとき、明らかに、$C1"no va"$C5が$C1「動かない」$C5を意味すると知らなかった。同社がなぜ少しも車が売れないかについてわかったあと、$C1「Caribe」$C5に$C1スペイン$C5市場においての車の名前を変えた。

 
// $C1Ford $C5had a similar problem in $C1Brazil$C5 when the $C1Pinto$C5 flopped.  The company found out that $C1Pinto$C5 was $C1Brazilian $C5slang for $C1"tiny male genitals"$C5. $C1 Ford$C5 pried all the nameplates off and substituted $C1Corcel$C5, which means horse.

$C1ピント$C5が失敗したとき、$C1フォード$C5は$C1ブラジル$C5で類似した問題を抱えていた。同社は、$C1ピント$C5が$C1「小さい男の性器」$C5の$C1ブラジル$C5のスラングであるとわかった。$C1フォード$C5は全てのネームプレートを探り出してはずし、$C1Corcel$C5に代えた。そして、それは馬を意味する。

#PICT 527
$C5

// When $C1Parker Pen$C5 marketed a ballpoint pen in $C1Mexico$C5, its ads were supposed to say $C1"It won't leak in your pocket and embarrass you."$C5 However, the company's mistakenly thought the spanish word $C1"embarazar"$C5 meant $C1embarrass$C5.  Instead the ads said that $C1"It wont leak in your pocket and make you pregnant."$C5
 
$C1パーカー・ペン$C5が$C1メキシコ$C5でボールペンを市場に出したとき、その広告が$C1「それは、あなたのポケットで漏れないのであなたを当惑させない。」$C5と言うことになっていた。しかし、同社は誤って、スペイン語の単語$C1「embarazar」$C5が$C1embarress(当惑させる)$C5を意味したと思った。その代わりに、広告には$C1「それは、あなたのポケットで漏れないのであなたを妊娠させない。」$C5と出た。


// An $C1American$C5 T-shirt maker in $C1Miami $C5printed shirts for the spanish market which promoted the Pope's visit.  Instead of the desired $C1"I Saw the Pope"$C5 in Spanish, the shirts proclaimed $C1"I Saw the Potato."$C5
法王の訪問を促進したスペインの市場のために、$C1マイアミ$C5での$C1アメリカ$C5のTシャツ製造業者はシャツを印刷した。スペイン語で要求された$C1「私は、ローマ法王に見た」$C5の代わりに、シャツは宣言した$C1「私は、ジャガイモを見た。」$C5

#PICT 527
$C5
// $C1Chicken-man Frank Perdue$C5's slogan, $C1"It takes a tough man to make a tender chicken,"$C5 got terribly mangled in another Spanish translation. A photo of Perdue with one of his birds appeared on billboards all over Mexico with a caption that explained $C1"It takes a hard man to make a chicken aroused."$C5
$C1Chicken-man Frank Perdue$C5のスローガン($C1「柔らかい鶏を作るにはタフな人間が必要である」)は、スペインのもう一つの翻訳においてひどくだいなしにされた。説明したキャプションで、彼の鳥のうちの1羽をもつパーデューの写真は、メキシコ中にビルボードに現れた$C1「興奮する鶏を作るには苛酷な人間が必要である。」$C5

 
// $C1Hunt-Wesson$C5 introduced its $C1Big John$C5 products in $C1French Canada$C5 as $C1Gros Jos$C5 before finding out that the phrase, in slang, means $C1"big breasts."$C5 In this case, however, the name problem did not have a noticeable effect on sales.
$C1Hunt-Wesson$C5は、その$C1Big John$C5製品を$C1フランス語カナダ$C5に、そのフレーズがスラングでは$C1「大きい胸」$C5を意味するとわかる前に、$C1Gros Jos$C5として伝えた。しかしこの場合、名前問題は販売に目立つ影響を及ぼさなかった。

 
// $C1Colgate$C5 introduced a toothpaste in $C1France$C5 called $C1Cue$C5, the name of a notorious porno mag.
$C1コルゲート$C5は、$C1フランス$C5で$C1Cue$C5(悪名高いポルノ雑誌の名前)と呼ばれている歯みがきを持ち出した。
#PICT 527
$C5
// In $C1Italy$C5, a campaign for $C1Schweppes Tonic Water$C5 translated the name into $C1Schweppes Toilet Water$C5.
$C1イタリア$C5では、$C1シュウェップス・トニックウォーター$C5のための運動は、名前を$C1シュウェップス化粧水$C5に表した。
 
// $C1Japan$C5's second-largest tourist agency was mystified when it entered English-speaking markets and began receiving requests for unusual sex tours. Upon finding out why, the owners of $C1Kinki Nippon Tourist Company$C5 changed its name.
英語を話す市場に入って、普通でない売春ツアーの要請を受け始めたとき、$C1日本$C5の2番目に大きい観光業者は煙に巻かれた。理由を発見すると、即座に、$C1近畿日本ツーリスト社$C5の所有者は、その名前を変えた。

//#LOGOFF 509
//#INTERLEVEL TELEPORT 14
//#END
//#ENDTERMINAL 2