#navi(Excalibur)
*;L06:Ceridwen's Dream [#t00d9e58]
by Logue
 Ceridwen → ケリドウィン(or ケリドウェン、ケルト神話における北ウェールズのバラ湖に住むという魔女の名前。)
 仏語翻訳できません。 by Logue
 2006.3.19 @Soldier 『AltaVista』に放り込んでみたらイタリア語だったらしい 後は頼む orz
 2006.4.3  @Soldier 復旧記念に機械翻訳で意味を取りつつ書いた部分を追加、多分間違ってる悪寒…
 incubi → インキュバス(夢魔)の複数型
 brucer → バルチャー(vulture)? ※当TC製作時期的に「ガンダムX」のこの用語が合いそうが、Berserkerの間違いかも…
  参照先:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC
 ※原文を機械翻訳か何かで『伊語翻訳』したようで、何語か「単語の変質」が起こったようだ

 by pfhore
 どうやらアクセント記号付き文字が化けて?になってるせいで正しく訳せてない部分があるようだ。
 イタリア語のアクセント記号はなくても意味は変わらないみたいなので修正して機械訳にかけてみたがまだ意味不明 orz
 foesとneyは英語ー>伊語の翻訳ミス?
 nothing to the left...の部分は意味が通ってない。原文は2重否定だし、あなたの左側ってどういうことだ?
 
*#TERMINAL 0 [#a1134cd4]
**#UNFINISHED [#s87b8dcb]
#LOGON 137
//#INFORMATION
//$C3
&color(#009900){拝啓};

&color(#009900){私の名前はケリドウィン。};

&color(#009900){私はあなたがパターンを見るのを手伝うためにここにいます。};
&color(#009900){  あなたがしなくてはならないことのパターン。};

&color(#009900){時の流れを修正するために。};
&color(#009900){  正しい流れにセットするために。};

&color(#009900){あなたがシンボルと発作を理解するのを手伝うために、};
&color(#009900){  訂正をするのに役立つことができます。};

&color(#009900){  あなたは眠るためにここにいます。};
&color(#009900){  そして、魔法の夢見てください。};
&color(#009900){  そこで、私の“賢明”を学んでください。};
#CHECKPOINT 0



&color(#009900){この領域は霧の、アヴァロンにある私の家とほとんど同じような構造になっていて、魔法のフィールドに位置しています。それは秘密を学ばなかったそれらすべてに隠されます。};

&color(#009900){しかしながら、この生物は決まった場所にある錯覚を保持するエネルギーの身体の形式を必要とするように思われます。 それはあなたにここに行って、そして「若干の窓を壊す」?};











&color(#009900){あなたは機械を稼働させ、ここに戻ってきてください。そして我々はあなたのレッスンを続けるでしょう。};


&color(#009900){人物は同じくあなたが若干の釣りをすることを好むかもしれないことを提案しますか?};
#LOGOFF 137
#END
**#FINISHED [#zbe28651]
#LOGON 137
#PICT 10600



&color(#009900){私は時間の初めから英国のマーリンを知っていました。};

&color(#009900){深く海の中で横たわるあなたの未来からの都市の残骸。};

&color(#009900){あなたがモルガナを止めないかどうかのためにそれを見てください。};

&color(#009900){暗闇の洞穴の中であなたはメッセージを見いだすでしょう。それを求めてください。};

&color(#009900){…。 モルガナの兵隊がこのエリアに入ってくる前に、あなたは急がなくてはなりません。};
#LOGOFF 137
#END
#ENDTERMINAL 0

*#TERMINAL 1 [#ka31ec88]
**#UNFINISHED [#a586834a]
#LOGON 137
#INFORMATION

&color(#00FFFF){私は風に間に合います。そして賢明な人は時間とスペースの向こう側に私に話をします。 彼は勝利で彼の剣を上げて、微笑して、そして湖の水の中に姿を消します。};

&color(#00FFFF){そしてマーリンは私のそばにそこにあります - 石のように私の剣のつかで燃えている彼の目。};

&color(#00FFFF){「彼を知っているか?」マーリンは聞きました。};

&color(#00FFFF){「ええ」私は答えました。「一緒に、我々は多くの冒険をしました。」};

&color(#00FFFF){「彼はどんな種類の魔導師ですか?」};

&color(#00FFFF){「あなたとほとんど同じように、彼はコンピュータに住んでいます。」};

&color(#00FFFF){「どうやって私はここから出られますか?」 私は私のガイドに尋ねました。なぜなら私はうんざりていたからです。そして残された多くのやるべき事があります。};

&color(#00FFFF){「あなたは目覚めなければならない」マーリンはそう答えました。};
#LOGOFF 137
#END
#ENDTERMINAL 1

*#TERMINAL 2 [#w22c15fa]
**#UNFINISHED [#x1867cf6]
#LOGON 137
#PICT 10601
$C1


&color(#009900){ロックを開くことができませんか?};

&color(#009900){…鍵である寿司バーで食欲を満足させてください。};


&color(#009900){多くがこの舞踏会場に行ったことがあります。};
&color(#009900){生のダンスを踊るために};
&color(#009900){死のダンスを踊るために};

&color(#009900){それは何ですか?};

&color(#009900){ここのもう一つの存在…そうであるべきでない存在…それは…いや、そうであるはずがありません!};
#PICT 145
//$C1
&color(#FFFFFF){*** 信号妨害 ***};
//$C0

&color(#FF0000){In profondita dentro dai vostri sogni, nay, lasciarlo provenire i vostri incubi. Sono la bestia e li brucero fino a che non ci sia niente a sinistra di voi! In tutti i vostri foes mi brucio brillantemente ed all'interno di voi il devour di I voi gradisce un cancro. Da me, non ci e fuga!};


&color(#990000){       ''%%%L a   B e s t i a%%%''};


&color(#FF0000){In depth within from your dreams, nay, leaving it, coming from your incubi. I am the beast and I will burn you until  there is nothing to the left of you! In all your foes I burn myself brightly and to the inside of you the devour of you it appreciate a cancer. From me,  there is not escape!};



&color(#990000){       ''%%%T h e   B e a s t%%%''};


&color(#FF0000){あなたの夢の内部から徹底に、いや、そこを離れてあなたの夢魔から来ます。私は獣であり、私はあなたの左への何者もなくなるまであなたを燃やします!あなたの敵の中で、私は巧妙に自分を燃やし、あなたの内部をむさぼり食う癌を望んで。私からは逃げられないわよ!};



&color(#990000){       ''%%%け だ も の%%%''};
#LOGOFF 137
#END
#ENDTERMINAL 2

#TERMINAL 3
#UNFINISHED
#LOGON 137
#PICT 229

&color(#009900){マーリン?もしもし?};

&color(#009900){私は英国のマーリンと連絡を取ろうとしています。};

&color(#009900){クリーチャーですか? どのように私はこれを使いますか?};

&color(#009900){マーリン,僕だよ。ケリドウィン。};

&color(#009900){私は大いに宇宙の運命を気遣います。 我々の英雄はこの争いのために準備ができていません。それは欠けている勇気ではありません。しかし私は彼が諦めて、そして、仕事がされる前に、世俗的な文明を消し去るであろうことを恐れます。};
#PICT 134


&color(#00FFFF){これらの恐れは理解できますよ。親愛なるケリドウィン。判断であわてないでください。あなたはいつあなたが面と向かって獣と一緒に来たか覚えていませんか?それは勇気とあなたを全快させた真実の能力でした。生き物の本当の性質がその到来をするのはすべてが道に迷っているように思われるときです。};

&color(#00FFFF){ポーションと、賢明さで、我々が共有しなければならないすべてと一緒に、我々は分け合わなくてはなりません。};

&color(#00FFFF){これは夢以上です。ケリドウィン。};

&color(#00FFFF){さらに多く。};
#LOGOFF 137
#END
#ENDTERMINAL 3