#navi(Excalibur)
*;L02:Oh.... !?@?#@$##!!!
by Logue
*#TERMINAL 0
**#UNFINISHED
#LOGON 135
&color(#FFFFFF){<ステーション #42>};
#INFORMATION




&color(#FFFFFF){マーリンからのメッセージ};

&color(#00FF00){どうやら、モルガナはクロノスからの転送信号を基に、転送先の場所を突き詰めてしまったようです。彼女は、次元ポッドをすべて破壊するつもりです!まだあなたは対決できるような状態ではありません。とりあえず、私はこの惑星上の別のポッドへ転送させます。テレポートの準備をしてください・・・。};
#LOGOFF 132
#END
#ENDTERMINAL 0

*#TERMINAL 1
**#UNFINISHED
#LOGON 135
&color(#FFFFFF){<ステーション #82>};
#PICT 10200
&color(#FFFFFF){<マーリンからのメッセージ};

&color(#00FF00){なんとか、振り切ったようです。};

&color(#00FF00){モルガナを一時的に巻くことはできたようですが、先ほどあなたを転送させたポッド(ステーション#42)は、完全に破壊されてしまいました。センサーの検知によると私たちは、非常に不安定なエリアにいるようです。 このポッドはひどい損傷を受けて&9$(~~};

&color(#00FF00){...2~$};
&color(#00FF00){v          23 1 12};
&color(#00FF00){$   2. LKJ  (0r0  123  ~~(*&4};


&color(#00FF00){r1lrt 198 1で(* ^ 389(&$%*};
&color(#00FF00){ @~~~@*&$@f_)-123};
&color(#00FF00){ ~ sf 2232};
&color(#00FF00){f};
&color(#00FF00){qpzm _ 3-$+@ -k.z; -1zzと};
#INFORMATION
&color(#FFFFFF){<割り込みリセット>};

&color(#00FF00){戸惑っていますが、大部分は、あなたの力でなんとかなります。----21. k230....239---ができるポット#41を探してください。    23 -2 ___ - 23 -2 ___ 234-_- vclkmnal; は、slk};

&color(#00FF00){ アla  cmiq c-_ a''}#) f};
&color(#00FF00){s};
&color(#00FF00){ sf  21=;:v_ k3m_ = };

&color(#00FF00){f};
&color(#00FF00){s 2px z.,1-~df};

&color(#00FF00){    29 0923)(*~};
#INFORMATION
&color(#FFFFFF){<リセットによる中断>};


&color(#00FF00){解放しました。今すぐポッド#41に行ってください。そうすれば、私はより安全な場所へあなたを転送できます。};




&color(#FFFFFF){通信完了…};
#LOGOFF 132
#END
#ENDTERMINAL 1

*#TERMINAL 2
**#UNFINISHED
#LOGON 135
&color(#FFFFFF){<ステーション #41>};
#INFORMATION
&color(#FFFFFF){マーリンからのメッセージ};

&color(#009900){このポッドは私と同様にこの環境も望んだ取り扱いではありません。このポッドはあなたの後ろの亀裂によって裂かれましたが、溶岩を横切ったところにあるシールド充電器は生きています。};

&color(#00FF00){まだ、このエリアを調査したい場合は<ESC>$C3キーでテレポートを解除できます。};
#PICT 10201

 
&color(#009900){なぜ、ジュラ紀にモルガナ来た理由はわかっています。彼女は&color(#00FF00){'''アクチニウム'''};と呼ばれる珍しい緑のクリスタルを探しています。これらのクリスタルは、中世には無く、あなたの時代に見つけることはほとんど不可能でした。};


&color(#009900){アクチニウム・クリスタルは、光を曲げて視覚的な現実を曲げるために魔導師の間で時々使用された、特別の力を持っています。モルガナは、そのクリスタルが、よりはるかに多くの力を持っていることを発見しました。彼女がどのようにしてこの力を使用するつもりなのかわかりませんが、なにか悪いことのために使うのは間違いないでしょう。};
#INFORMATION


&color(#009900){私は、今初期のポッドが破壊された場所の近くの後ろにあなたをテレポートさせます。そこの空洞が、アクチニウム・クリスタルの壮大な空間を含んでいます。モルガナがそこへ着くよりも先に、クリスタルを見つけて、そこへいくための通路を破壊しなければなりません。};









&color(#0000FF){- テレポート・シーケンサー -};
&color(#FFFFFF){目標時間コード:ジュラ紀};
&color(#FFFFFF){座標コード: 342,623 <08.91>};
&color(#0000FF){*** テレポート・準備完了 ***};
#INTERLEVEL TELEPORT [[3>../3]]
#END
#ENDTERMINAL 2