-*AlephOneのソースコードより [#x12e2e75]
-**map.h/map.cpp [#d07d1045]
-:get_*_data(int)|指定したインデックスのデータをいろいろ取得できます。インデックスは0から*List.size()まで取得できます。~
-たとえば点のデータならEndpointList.size()未満のインデックスを利用できます。当然マップを読み込んでいない状態では0です。
 
-*Pfhorte2のソースコードより [#a4c5d601]
-注意
 
-Pforte2の作者は点や線のデータに独自のフォーマットを用いているため、
-AlephOneのソースコードと併用する場合大部分修正する必要があります。
 
-ただしAlephOneのソースコードにはない非常に重要なものばかりです。
 
-**CLines.h/CLines.cpp [#p075541a]
-:FixLine(short, Boolean)|指定したインデックスの線情報を正しいものにします。~
-線情報に必要なのは~
--点のインデックス
--壁のインデックス
--ポリゴンのインデックス
-となっているので、これらをこの関数で設定しているようです。
 
+削除スタブ