#navi(Chisel)
-*Media Munger
+*Media Munger [#x425671c]
 Media Mungerでは、異なるタイプの液体を同一マップ上に使うことができる。たとえば、テスクチャセットが溶岩なのに、液体に水を指定したり、エイリアンのテスクチャセットなのに液体に溶岩を設置するといった効果だ。
 
 注意したいのは、液体の表面のテスクチャが適切にロードされないとMarathonはクラッシュする。
 
 -デフォルトの液体の場合は問題ない
 -液体の表面に外部テスクチャを読み取ることによって見ることができるようになる。
 -余分な風景コレクションのロードは、他の液体に入る事を可能にします。それ、これらのどちらかをロードして、叫ぶ、それらが床からあるあらゆる多角形の天井へ行く限り、他のメディアは今までどおり使用することができます。
 
 例:
 #ref(excalibur1.jpg,nolink)
 #ref(excalibur2.jpg,nolink)
 
 >いろいろいじってみたが、どうやって使えばいいのかよくわからなかった。by Logue
 
+追補:最新版のAlephOneでは問題なく表示できる。それ以外では
+1:MMLを使う
+2:物理ファイルをいじる(Texture Munger)(Rubicon,Excaliburなど)
+などが必要。by pfhorge